トレバー•ノア、「社会とはメンバーがお互いに結ぶ契約」
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

トレバー•ノア、「社会とはメンバーがお互いに結ぶ契約」

社会派ニュース形式風刺コメディ番組Daily Showの司会、トレバー•ノアが警察官により殺されたジョージフロイドの事件を受けて米国で起こっている暴動について話をしました。

--------

これはドミノ倒しだ。

1話1話が次のストーリーの元になり、最後には大きな波になっている。

先週から流れてくるニュースの連鎖がいい例。

Amy Cooper(セントラルパークで犬をちゃんと綱につないで、と黒人男性に注意され逆切れ、警察を呼ぶわよと脅した後に、本当に警察に「黒人男性に脅されている!」と嘘の通報をした), George Floyd, People in Minnesota 。

しかもこれがコロナ禍で起こったという事。私達は仕事を失い、家に籠ってずっとニュースを見、読んでいた。いつまでこうしていたら良いのかも分からず、籠っていた。そして日々「黒人の死亡率が格段に大きい」と報道されていた。

そこでAmy Cooperのニュース。他の人種より自分たちが被害を受けているコロナに加えて、やっぱりいつも通りの人種差別も受けなければいけないのか、と思った。

この女性が白人の上位性を使って黒人男性の命を脅かす術を知っていることは明らかだった。社会の構造的な人種差別を、彼女は理解している、という紛れも無い証拠だった。彼女が彼の目を見て

「警察に通報してやる。African american manに脅されている、って言うわよ!」

と言った時、彼女はそれがどれだけの力を持っている事か、分かっていた。彼女の白人女性としての警察への受け取られ方、この黒人男性の警察への受け取られ方、彼女は知っていた。

黒人が人種差別に関して発言する時(もう平等な世界なのに)「何を言っているのか分からない」という態度を取る人が多数いるが、Amy Cooperは完全に分かっていた。「この人は警察が怖い(差別される事を知っているから)。これを武器にできる。どっちが正しいかなんて関係ない。私の勝ちなんだから。」。


黒人はあれを見て(差別は無いと言う)白人に向かって「ほらみろ!お前らやっぱり差別の事、分かってるじゃないか!」と思っただろう。

もちろん白人が差別に気づいてるなんて分かってた。しかしここまではっきり画面で見る事は無かった。

これが第一のドミノ。

アマード•オーバリー銃殺事件(5/5に流出したビデオ。ジョージア。ジョギングしていた25歳のアマード•オーバリーを、トラックで追いかけ、銃殺した元警官とその息子の殺人デュオ。事件は何と2月に起きていて、この二人は無罪放免となっていた。このデュオの隣人が更に一部始終を取ったビデオをネットに上げたのがviralになりそこで初めてこの3人が逮捕される。)を経て、ジョージ•フロイド。彼の最後の数分間のビデオ。見るのが辛いビデオ。何が辛いのか良く考えてみる。

彼の命が私達の目の前で取られて行く事か

私達を守ってくれるはずの男が、彼の命を奪った事か

その男がとても静かに殺人を遂行している事か

いつだって警察の暴力への説明は「自分の命の危険を感じた。恐怖を感じた。自己防衛だ」というもの。この男は全く怯えていなければ、危険を感じてもいない。とても静かなものだ。恐怖じゃない。殺せるから殺した、それだけだ。黒人の男が手錠をされて道に横たわっている。こいつは殺せる。だから殺した。これで罰を食らうことはないと分かっていた。

誰もがあのビデオを見た。

誰もが反発した。

全員だ。

それも珍しい事だった。少しはこの国にも良心があるのかと思った。だって、今まで見た警察の暴行事件のビデオ、どう見たって警察が悪いのになんだかんだと弁護する声が必ずあった。今回は違う。FOXニュースでさえ、批判していた。

そして、その警官は免職。何も無いよりいいけどさ。

人を殺して受ける最大の罰が「免職」って人、他にいるか?

悲しみを超えて、しかし悪者が最後に懲罰を受けるカタルシスを誰だって期待するでしょう?それがない。

そして暴動が始まった。

そして人々は言ったんだ

「このような暴動はほんとダメ。社会はこのように運営されるものでない。略奪なんかダメだ。放火なんかダメだ。私達の社会はこんな風にできてない。」

それ聞いて思った。

社会!?

社会ってなんだよ。社会は契約だよな?人間として他の人間と結ぶ契約。この集団で生きるにあたって、共有のルール、共有の理想、共有される生活様式に同意し結ぶ契約。

契約は、各メンバーが守ってこそ働くものだろう。

全員が略奪に走らないのはなぜだ?契約してるからだ。今、この国で生きて、辛い思いをしている黒人が、コロナで職を失い、貯金もすっからかん。それでも「ルールは守る。それが社会の一員としての契約だから。」と言ってきた。そして何度も何度も、この「社会」に裏切られて来た。

アマード•オーバリーが銃殺された時。その犯人が釈放された時。これは「社会」の契約のどの部分だ?

ジョージ•フロイドが道に突っ伏しているのを見た時。彼が命を失って行くのを見る時。誰一人としてこんな死に方しては行けない方法で死んで行った時。それが本来なら法を施行するべき者によってなされた時。これは契約のどの部分だ?

「こんな暴動して何になるんだ」と言う。

じゃあ聞くよ。暴動して何にならないんだ?

「店を略奪してなんか良い事あるのか?」

店を略奪しないでなんか良い事あるのか?

契約を守ろうと、略奪しなかったんだろう。しかしそんな契約はないんだと、見せつけて来たじゃないか。法を施行する側が法を守ってないじゃないか。

力の頂点にいるものが、見本をみせるもんだろう。親は子供の見本になるのと同じだ。キャプテンやコーチが見本となるのと同じだ。教師が生徒の見本になるのと同じだ。

良い例として導かれれば、良い行動する確立が高くなる。

法の施行者である警察が、法を守らない時、市民に何を求めるんだ?

Malcom Gladwellの「David and Goliath」のある章で、正当性の原則について語っていた。権威/司法/社会の正当性を語る時、私達は3つの原則を共有しないといけない。

1。その原則に同意する事
2。その原則が公正に施行される事
3。集団のメンバーが全員公正に扱われる事

コロナが始まってから黒人にとって、この原則がすっかり正当性を失った。


持つものと持たざるものには世界が違うように見える。そしていつだって持つものが「そういう風にやるもんじゃない」と持たざるものに言うんだ。

コリン•キャパニックが片膝をついた時
「そうやってプロテストするもんじゃない」
と言われた。

マーティン•ルサー•キングが子供をラリーに参加させた時
「子供をプロテストに連れてくるもんじゃない」
と言われた。

アパルトヘイト中に南アフリカでプロテスターがマーチした時(彼は南ア出身です)
「それは正しいやり方じゃない」
と言われた。

そして放火すると
「それは正しくない」
と言う。

私は前から言っている、プロテストに正しいやり方なんてないんだ。何が「正しいか」を決めているものに反抗するのがプロテストなんだから。

あのターゲット(大型スーパー)での略奪を見てあなたは不安を感じましたよね?その不安を持って、毎日略奪を受けている黒人がどのように感じるか想像して下さい。なぜなら、それが実際アメリカで起こっている事だから。米国警察は黒人の体を略奪しているんだ。

police in America is looting black bodies

言い過ぎだと思う人もいるかもしれません。私はそうは思いません。

ジョージ•フロイドは死んだ。

だから話になった。

死ななかったら?話にもなってない死んでいない黒人がごまんといるはずだろう。死ななかったから話題にもなってないケースが。毎日誰かが警察官に押さえつけられて首を絞められてるコミュニティーを想像して欲しい。それはどんな社会になる?どんなコミュニティーになる?

黒人の命。その価値を社会がどのように見ているか、警察が提示しているんだ。白人が死ねば、もの凄い勢いで正義が下される。黒人が黒人コミュニティーで死んだ時、正義はやってこない。

暴動の映像を見る時、「よろしい/よろしくない」で見ないで欲しい。

暴動の映像を見る時、怒りが込み上げますよね?どうしてか、それは彼らが社会と結んだはずの契約が破られているから。

その契約が毎日目の前で破られていた彼らの怒り、考えてみて。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やったー!
色々あってオレゴンに住んでます。アメリカ政治事情をザクザク簡単に説明します!