見出し画像

最新全英チャート(2019/05/10-05/16)

どうも。

ちょっと明日起きて早くに外出の用があるので、手短に全英チャート、行きます。

SINGLES
1(-)Vossi Bop/Stormzy
2(1)Old Town Road/Lil Nas X
3(4)
Someone You Loved/Lewis Capaldi
4(-)Hold Me While You Wait/Lewis Capaldi
5(6)Bad Guy/Billie Eilish
6(5)Piece Of Your Heart/Meduza feat Goodboys
7(3)
Me/Taylor Swift feat Brendon Urie
8(7)
SOS/Avicii feat Aloe Black
9(-)If I Can't Have You/Shawn Mendes
10(8)
Just You And I/Tom Walker

ストームジー、2週目の1位です。

4位初登場はルイス・キャパルディのニュー・シングル。まだ「Someone You Loved」が3位に入っているうちに次がこんなに高く入ってきましたね。ネクスト・エド・シーランの座が固まってきたかな。

9位初登場はショーン・メンデス。こういう男性ソロの路線、今、本当に人気なんですね。

では、アルバムに行きましょう。


ALBUMS
1(1)Hurts 2B Human/P!NK
2(-)Father Of The Bride/Vampire Weekend
3(3)When We All Fall Asleep Where Do We Go/Billie Eilish
4(-)End Of Suffering/Frank Carter&The Rattlesnakes
5(4)
The Greatest Showman/Soundtrack
6(6)What A Time To Be Alive/Tom Walker
7(5)Bohemian Rhapsody/Soundtrack
8(2)
The Balance/Catfish & The Bottlemen
9(8)
Staying At Tamara's/George Ezra
10(14)thank you next/Ariana Grande

初登場で2位は、こないだも紹介しました、ヴァンパイア・ウィークエンド。聞いてみましょう。

ダニエール・ハイムのみならずHAIM全員が参加した、アルバム内でも目立つ曲ですね、「This Life」。まあ、1位は取れませんでしたが、彼らの場合、もうそろそろ初登場順位そのものよりヒット曲で出て長く売れるか、といったところでしょうね。

4位のフランク・カーター。これも聞いてみましょう。

「一人ラウドロック」の趣のフランク・ターナーが今回はかなりポップなイメージですね。このアルバムは成功していると思うんですが、今後はどちらの道に進んで行くことになりそうですね。

圏外だと11位にワイルドハーツ、まだそんな上位に入るんですね。そして、僕が先日、猛プッシュさせていただいたビッグ・シーフ、このアルバムでキャリア初のチャートインを始めているんですが、全英チャート初登場41位。ここから注目されていって欲しいですね。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
3
音楽ジャーナリスト。90年代にNHK-FMで番組を制作した後、99年よりフリー。2004年にインディ・ロック・マガジン「Hard To Explain」を立ち上げる。2010年よりサンパウロに移住。同年に洋楽・洋画・海外ドラマ専門ブログ「THE MAINSTREAM」をはじめる。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。