Flat Head
VOL.8 フルジップウォレット製作風景
見出し画像

VOL.8 フルジップウォレット製作風景

Flat Head

前回内装とZIPの縫い合わせまでご紹介しました。
~前回のブログはこちら~

今回はいよいよ完成へ向けてラストスパート!


内外装の穴位置のずれを調整。
この作業を行わないと開きが悪く物は入らないし、綺麗に折れません…

ちゃんときれいに折れていますね♪

画像ではわかりませんが、内外装で穴数も同じにしています‼

ひたすら外周を合わせながらの穴あけ作業

からの縫い‼


良い出来栄えですね~

いよいよ最終工程の外周コバ面を磨いていきます。

革素材、カラーによって工具等を使い分けます。


㊙工具と手捌きが物を言う工程ですよ(笑)

出来上がりました‼
我ながら惚れ惚れする仕上がりです♪

これでようやく完成です!

フルジップウォレット製作風景をご紹介してきましたが、
最後までご覧いただきありがとうございます。

フラットヘッドのウォレットの中では一番収納力があります。
その為、工程数が多く作製には時間がかかります。
紹介してきた画像や工程は一部の様子ですが、細かな作業内容が皆様に伝えられれば幸いです。
作業内容も常に進化を繰り返しながら行っていますので、
今後もストックバーグ製品にご期待ください♪



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!