見出し画像

あなたのnoteを読みたいのです

私は、私の身の回りにいる大好きな人たちのnoteを読みたい星人である。

なんでかというと、一方的にその人のパーソナリティを知れる感じがしてドキドキするから。(私はこうしてnoteを書いて公開しているので許してほしい)
こういうnoteユーザーさん、決して少なくないのでは?
私自身、長文至上主義みたいな思想があったりする。

だから、やたらnoteの宣伝するし、ちょっと興味持ってくれた子にはすぐ「note書いてよ!!!」って言う。

そんな私が最近言われること、それは
「noteってなんか意識高い人たちの集まりって感じがして、私は場違いな気がしちゃう(汗)」
ということ。

私は声を大にして言いたい。

そんなことないよ!!!!
いや、マジでそんなことないよ!!!!

2回言ったよ!!!

確かに最近、ツールの使い方やビジネスとか…多いかもしれない。
だし、そういったnoteがおすすめノートに掲載されがちもしれない。

けど、noteはそれだけじゃない!!!!

好きなことについて思いっきり書ける場所だし
最近頑張ってることについて熱く語れる場所だし
あなたの心を揺るがしたできごとについて書きなぐれる場所だと
私は思います!!!!

私自身たくさんのnoteを読んできて、このnoteに出会えてよかったなあって思うものは、書き手さん自身の思想や人格とかがくっきり見えるものが多い気がします。

文章ってある程度時間をかけないと書けないです。
だからこそ、その人の時間が費やされたその文字列たちには、その人自身が色濃く反映されている。特にnoteなどのまとまった長い文章にはその人の「ほんとう」がちりばめられていると思います。

そうやって時間をかけて書いた素直な気持ちを受けとめてくれる、優しい人が多いプラットフォームがnoteです!

noteユーザーさんが集まる非公式noteオフ会に参加した時も、あまりの柔らかな雰囲気にのほほんとした。noteヘビーユーザーってそんな人柄の人が相対的に多いんだと思いました。
時間をかけて自分の気持ちや考えを整理して、あなたにしか言葉にできないいろんなことを文章に乗せたnoteは、絶対誰かに届くはずだし、私はそんなnoteの受け入れ態勢が整っているところが大好きです。

だからみんな、あの、要するに
note書いてみよう!!!!ね!!!!!!!

好きなことについて思いっきり書きませんか!
最近頑張ってることについて熱く語ってみませんか!!
あなたの心を揺るがしたできごとについて切々と綴ってみませんか!!!

自分の頭の中身、絶対整理できるから!
自分こんなこと考えてるんやな〜って、発見できるから!
悪いこと言わないから!
こんな更新率低い人に言われてもあれだと思うんだけど!!
ずっとnoteは読んでるから!!!!!

ハア…ハア…(息切れ)


このnoteを読んでいて、まだnoteを書いたことがないと言うそこのあなた。…UPしたら、そっと私に読ませてください。
バチバチに長い感想送りつけます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ここまで読んでくださり、本当にありがとうございます! シェアやコメントも大歓迎です。めっちゃみてますー!サポートなんて、ほんとめちゃくちゃめちゃくちゃに嬉しいです。飛びます。

やった〜!うれぴこです!
1075
社会人1年生。声優の豊永利行さんが大好きです。「好き」の力を還元したい!最近はイケメン俳優に翻弄されつつ自分の香水を愛でています。

この記事が入っているマガジン

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 15608本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメント (42)
初めまして!フォローさせて頂きました!熱い思いが伝わってくる内容で素敵です。最近noteを始めました。まだ記事は少ないのですが、よかったら覗いて見てください!これからも、色々読ませてくださいね。
人柄が文章にでる、そのお手本のようなnoteの1ページでした。今、私は平和な気分です~
初めまして。長年ツイッターばかりやっていた者です。
長い文章って、熱い思いがあるからこそ書けるものなんだなというのを、アヤノさんのこの記事を読んで実感しました。
私はnoteを始めたばかりですが、続けられるかどうかは心揺るがす出来事に出会えるかにかかっているのかもしれないですね。
はじめまして!私も自分のこと見つめたいなあと思ってnote始めました。拙いですがよかったら読んでみて下さい☺︎
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。