青木かずむ|油木高校魅力化コーディネーター

青木一麦 :先生でも講師でもない学校との関わり方 / 抑うつ経験者 / 東京から広島の山奥へ / 町内唯一の高校の魅力化 / ●地域おこし協力隊 ●総合的な探究の時間 ●放課後の探究”神ゼミ” ●動画クラブ
    • 27歳、無職。の半生

      27歳、無職。の半生

      • 14本

      教員免許も講師経験もない僕は広島の山奥で教育のコーディネーターになった。 そこに至るまでの身の上話。

    • コーディネーターの歩き方

      コーディネーターの歩き方

      • 11本

      すべてのコーディネーター、そしてコーディネーターに関わる先生や行政の方々へ。 高校魅力化、教育魅力化、地域教育…様々な名称で学校とその周辺を繋ぐコーディネーター。 標高400m、コンビニ一軒、電車なし。 広島の山奥の県立高校で得た学びをシェアします。

僕たちはみんな正当性の刃を振りかざしたい

2018年8月、僕は鬱でした。正確に言うと抑うつ状態と言う症状。まだ蝉の鳴く夏の終わり、立ち寄ったコンビニでは秋を先駆けおでんの販売が始まっていました。そんな夏の終…

”遅く”読む、未知に触れる

前回のnoteでブックカバーチャレンジへの違和感と宇野常寛さんの『遅いインターネット』について触れました。 もう少し突っ込んで話すとコロナ禍になって数週間、SNSが本…

ブックカバーチャレンジの違和感、検察庁法改正案、遅いインターネット

2020年4月下旬、コロナ禍。 不要不急の外出自粛や休校が要請され、多くの人は家にいる時間が多くなった。寂しさからSNSを開く回数が上がった人も多いだろう。そんな中、ぼ…

俯瞰する目と、動かす手と。

先週末、ぼくが油木高校で感じた変化の兆しをnoteにした。 そしてこの日の前日あった出来事。 連続で起こったこれらは接続し ぼく自身に大きな気付きをもたらした。 とい…

高校魅力化の「テコの原理」

2020年2月21日 遠くない未来で。 今日が油木高校魅力化に大きな意味のある日だったと認識されるはずだ。 忘れないうちにこの事をnoteにしたためようと思う。 魅力化を校…

”モチベ低い状態”を考える

ここ数日モチベーションが出ない。 やりたいこともやるべきことも整理できているのに なぜか動けずだらけてしまう。 今日のnoteはこの状態について考えたことを 忘備録的…