見出し画像

#53 手まり「矢羽菊」の作り方

#手まりの作り方 #菊 #矢羽 #魔よけの模様 #お祝いの模様


基本の菊の色変わり


菊の模様と言えば、グラデーションで作る物が多いです。
単色で作る場合でも、隣の花びらが同じ色になります。

画像1


画像2


矢羽菊の場合は、色の対比を考え2色を選びます。
そして隣の花との色合いが、大きく変わるように配置します。

画像3

画像4


あまり多くの色遣いにせずに
少ない色ですっきりまとめたほうが
見栄えがすると思います。


魔よけの模様の「矢羽」


矢羽も魔よけの模様の1つです。
破魔矢は、お正月に神社や寺院で授与されたり
上棟式に鬼門に向けて弓矢をたてます。


また射た矢はまっすぐ突き進むという事で
矢羽模様は、縁起柄の1つとされています。
飛んで行った矢は戻ってこないので
結婚した相手の家から、戻る事の無いようにという願いを込めて
娘に矢絣模様の着物を持たせたそうです。


矢が飛ぶ姿は厄払いのイメージもつながります。
江戸時代には武士の礼装の下に着る小袖にも
矢絣が使われたようです。


色づかいに悩んだら着物を参考に


ネットなどで画像検索をすると
古典的な色づかいだけではなく、
現代的な色づかいも数多く出てきます。


気にいった色づかいが見つかると思います。
私もたまに画像検索をすると
昔は見なかった色づかいをみつけ
新鮮な発見をすることがあります。


「矢羽菊」の作り方

この続きをみるには

この続き: 134文字

#53 手まり「矢羽菊」の作り方

てまり-ねこ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございます。 アトリエを無事引っ越すことが出来ましたが、什器等まだまだ必要です。 その為の諸費用にあてさせていただきます。

スキ!ありがとうございます。
手まり職人をしています。 note では、詳しく丁寧に作り方の紹介をしていきます。 もっと詳しい説明が必要な方は 私のfacebookから、声をかけてください。 https://www.facebook.com/sonomi.sasaki22/