見出し画像

【特別編】独自解析の好走血統、中身をお見せします。

適正競馬

血統のニーズは低い?
大切なのは血統の影響力が占める"割合"


いまや至る所で競馬に関する情報が得られる世の中ですが

こと血統となると
やはり取り扱いが難しいイメージがあるようで
推奨馬や買い目、過去データに比べ
「血統」のニーズは低い印象があります。


とはいえ
競馬はブラッドスポーツ」とも呼ばれるほど
競馬を語る上で、血統はなくてはならない存在です。


私個人の見解として、
馬を評価する上で血統の影響力は「3割前後」。
(おそらく一般論でもこのくらいの割合)

血統のみで馬券を組み立てる事は難しいですが
全体の30%を占める要素と考えると、無視することはできませんよね。


そこで

【競馬における血統の重要性を伝えたい】

【「適正競馬の好走血統」の商品価値をお伝えしたい】

この 2つの想いから、今回に限り
好走血統の詳細を公開することにしました。
(公開対象はフェブラリーステークス)


コンテンツの価値を守るため
アルファベット表記されている血統名の開示は
特別な理由がない限り、行っておりません。

【注意事項】好走血統についてから引用

毎度公開できない理由はひとつ。
来年に転用できてしまうからです。
(今回の開示についても転用は避けて頂きますよう願います。)


今回の記事の一番の目的は
血統に対して少しでも興味関心を抱いていただくこと
その結果、みなさんの競馬ライフに
良い影響を与えることができれば尚良しと思っております。



好走血統の詳細開示(本編)


※まずは以下の無料部分をご覧ください。



・評価順位はアルファベット順


好走血統において
評価順位はS>A>B>C>Dの5段階。

ただし
インブリードやニックス、世代など配合パターンにより
評価点が特別に加点される場合があります。



・アルファベットの内容


好走血統該当パターン1つに対して
該当対象が1つ、もしくは複数の場合があります。


レースA
A :Never bend

レースB
A:Never bend or Fairy king

レースBのように複数の場合は
いずれか1つが配合されていれば該当馬として扱います。



・好走血統の中身(具体例)


では具体的に今回のフェブラリーS
好走血統該当パターンS.A.Bについて
説明していきます。

S:アフリート、ゴーンウエスト、ミスワキ

偉大なナスルーラ、プリンスキロを礎にし
トムフールやミスプロスペクターを掛け合わせ生まれました。

基礎となるナスルーラ、プリンスキロは超王道。
ダートにおいても安定したスピードを供給してくれます。
これにミスプロを加えてさらにスピード強化。
トムフールはダートに必要なタフさを強化。
A:ストームキャット

アメリカスピード血統の一つです。
ここにもナスルーラ、プリンスキロは配合されています。
B:キングカメハメハ、ゴールドアリュール

Nureyev配合からの選抜です。

Nureyevはパワー型ではありますが
ミスプロスペクターが加わりスピードを補ったことで
キングカメハメハはバランスが良くなりました。

東京競馬場の軽いダートということもあり
スピード特化型血統が好走血統に該当します。



・過去レースの好走血統該当パターン(真)


では、実際に上で記した血統が
過去フェブラリーSでどの程度好走したのでしょうか?

それが、毎回最初に提示している
過去レースの好走血統該当パターン」です。


具体例としてフェブラリーステークス
過去5年で1.2.3着になった馬達の
配合パターン詳細が以下の通りとなります。

2021
1着 S.A×S
2着 父B
3着 父A.S

2020
1着 S×A.S
2着 非該当
3着 B×A

2019
1着 S×S.A
2着 父B
3着 父B

2018
1着 非該当
2着 父B
3着 非該当

2017
1着 父B
2着 母父S
3着 非該当

見比べていただければ分かると思いますが
父か母どちらかのみ好走血統を持つ場合
どちらに該当しているかは開示しておりませんでした。
(転用防止対策)


当然、
血の濃さや掛け合わせ方などで加点内容も変化。
今回ならS×Aは大きく加点されます。



・まとめ


今回のレースで言えば
過去 5年、好走馬15頭中非該当は 4頭のみです。

※ちなみに非該当の 4頭中 3頭は
ミスプロスペクターのクロス
or
ナスルーラのクロス
を有しており、Sの要素をある一定量継承しています。

この結果を血統による偏りありと取るか否かは
人それぞれかもしれませんが、
数値的に見れば、ありと取るのが妥当ではないでしょうか。


このように、レースの細かい特徴や
(会場、距離、コースレイアウト、芝や砂質)
当日の天候による馬場などで
好走する血統にある程度偏りが生まれるのは間違いありません。



以上です。
ここまでお読みいただきありがとうございました。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!