見出し画像

フライ クリップ

ぴよ六

細かいモノをつかむための道具
タイトル写真のように毛鉤をつまんだりハックルプライヤーに使うのが一般的らしいのですが、わたくし的にはハリスを掴んで毛鉤に結ぶのに大活躍中です
ダブルデイビーノットというのを使うようになって毛鉤交換がとても楽になりました

元々はICクリップという電工用品のようです
ミヤマ電器 MJ-032
Made in Japan

導通端子用のコード穴を貫通・拡張して二重リングを取り付けた

電器部品店が近くに無い場合はフライ用品店underwater でも扱っています
なんと言っても軽量かつ安価なので、紛失防止のためわざわざピンオンリールに付けるより左右のポケットに一つずつ忍ばせておくようにしています

フライ王国USAにはEZ-Tyというのもあるらしいが使ったことはありません
また、似たようなのにDAIWA 速攻8の字むすび があるけれど、コチラはあくまで8の字結び用でハリスなど細かな物の固定・保持には向いていないと思います

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ぴよ六
還暦を迎え「今ならまだ間に合うかも…」と思い立ってテンカラ毛鉤釣りをはじめました。この備忘録が少しでも同好の士のお役に立てば幸いです。