TechBowl
「思いっきり挑戦できる環境がここにはある」インターン卒業生の吉田が語る!
見出し画像

「思いっきり挑戦できる環境がここにはある」インターン卒業生の吉田が語る!

TechBowl

インターン生の吉田です!この度、私事ではありますが、吉田はTechBowlを卒業します!

2020年9月くらいからJoinさせていただき、インターン1期生として約9ヶ月間TechBowlに鍛えていただきました。そんな私の学びをこの場をお借りしてアウトプットさせていただきたいと思います。

1.TechBowlとの出会い

私は、知人の紹介でおざまささん(弊社代表:小澤)に出会った。きっかけは、コロナで海外インターンにいくことが出来ず、海外を断念し、日本で長期インターンに挑戦すると決断した。何も決まっていないまま、関西から東京に上京し、ありとあらゆるコミュニティーと繋がった。そうしておざまささんに出会ったのだ。初めて話したときの印象は、「なんだか怖そう」しかし、話していくうちに、おざまささんが語るビジョン、社会の課題解決、成し遂げたい未来にワクワクしたことを今でも覚えている。無事、面接を突破し、Joinしたというわけだ。興味ある人はぜひ代表と一度話してみて欲しい。

2.TechBowlで何をしていたのか

私は、主にイベント企画、CS、人材紹介アシスタントなどを担ってきた。入社して1ヶ月目で、ユーザー数を増やすためのイベント企画を行った。賞金50万円というビッグイベント、そう伝説の”BUSTER”だ。企画から設計、実行、広報までおざまささんにサポートしてもらいながら行った。ビジネス経験0の私からすると大きな挑戦でもあり、たくさんの失敗経験より、自走力と泥臭く頑張る力を学んだ。CSとしての学びは後ろに書こう。

MIssionイベント (1)

2.TechBowlで心掛けてたこと

とにかく共有・報告・相談を徹底すること。チームでスピード感を持って進めているからこそ、ここは本当に大事である。チームの為だけでなく、自分の仕事やタスクを進める上でも、早く間違いに気づき、修正できるので効率も格段と上がる。そしてどの業務でも大切なのが当事者意識を持つこと。ユーザーがどうすれば使ってくれるだろう!どういう気持ちで取り組むのだろうと当事者意識を持ちながら考えること。決して運営のエゴになってはいけない。CSとしては、ユーザーとたくさん面談し、インタビューを重ね、数字を追いかけFactから推測し、ブラッシュアップさせていく。「〜だと思う」では説得力は皆無なので、数字を引っ張ってくることがポイント!

3.目標設計力

目標は立てて終わりではない。CSを通して私が学んだことだ。CSは結果、成果として見えにくいポジションである。目標を定量的に立てる事が大事であるが、立てた目標、目的は忘れない事!常に頭に置いた状態でなんでこれしてるんだっけ?なんでこのイベントを企画してるんだっけ?と自分に問う事で再認識することができ、目標までの最短距離で進める。ここは、私もすごく苦手であったが、全体を俯瞰して見ることを心がければ良くなった。 目標設定をより具体的にわかりやすく覚えやすく設定することはとても大事!もちろん達成したら自分を褒めてあげよう!

4.TechBowlでの成長

一言でいえば、大きく成長した。入社当時は、ノリと勢いとパッション、そして、なんとかなるだろう精神しかなかったので、何事のFactにも根拠はなく、無責任な発言、点での話、数字は見ない、など今考えるとダメダメだった。それでも、愚直に走り続け、失敗と学びを繰り返し、成長した。   今では、後輩に目標設定力、全体俯瞰からの逆算力、数字の追っかけや、乖離からの根拠を持った推測力を少しは伝授できるようになったと自負している。さらにTechBowlならではである”エンジニアと一緒に働く”という点は、私の場合、普通に人生生きていれば接することのない経験だったと今になって思う。格段と視野が広がり、エンジニアの貴重さも身に染みて感じた。

5.私が考える必要なスキル

素直さ、貪欲さ、事業へのワクワクがあれば十分だと思う。ビジネスに対して無知でいい。貪欲に学ぼうとする姿勢が大事だ。出来るできないではない。できなくてもやろうとする、失敗を恐れない心構えが大事。別に失敗したっていい、ここには心強い仲間がいる、みんなが手を貸してくれる。そんな思いっきり失敗できる環境がここにはある。

5.TechBowlの大好きなところ

なんたってめちゃくちゃ素敵な仲間がいること!できないことに対してできるようになるまで向き合ってくれる仲間がいること。           毎日、目まぐるしく変化する。昨日提案したものが明日になれば破棄になる、そんなこともある。毎日四苦八苦でも、「事業をでっかくしたい」「こんな未来を作りたい!」一人一人の想いをのせた船をおざまささん筆頭にみんなで操縦している。同じ目標、ビジョンに向かって突き進んでいる環境が本当に最高だ。事業作り、起業に興味ある人はもってこいの環境だと思う。           そして、目標やビジョンのためにだったらなんだってしていい。思いっきり挑戦できる環境がここにはある。一緒に船にのってくれる仲間募集中!!

スクリーンショット 2021-06-30 15.41.53

7.どんな人を求めているのか

①素直
②自走力
③事業にワクワクする
④前向き                  

素直に人の意見を聞き入れ、糧にできる人。
自分で考え、自分で共有し助けを求め、自分で進められる人。
事業やVisionに共感して常に「より良いTechTrain」を考えることのできる人。
右往左往するスタートアップの中でも常に前向きに取り組むことのできる人。

▼TechBowlで働く上で大切にしている考え方はこちらにまとまっています。

8.人生行動したもんがちって話

私は、強運の持ち主。人や環境に恵まれる。と思っていた。でも違った。チャンスは誰にでもある。でもそのチャンスをとりに行く為、チャンスを作りに行くための行動をみんなしているだろうか。待っていたってチャンスはこない。自分の頭で考え、考え方がわからないのであれば考え方をググり、人に聞き、試行錯誤しながら行動する。そうする事でやっとチャンスを掴むためのチャンスがやってくる。だから、今悩んでいるなら行動して欲しい。まずはやってみよう、そこから見える世界はきっととっても広い。"失敗はうまく行かない方法が一つわかった成功なのだ"長期インターンに挑戦したいけど、オンラインだから、大変そうだから、難しそうだから、そんなことで躊躇しているそこのあなた。まずは挑戦しよう!一緒にTechBowlという船に乗りませんか?

9.総括

本当にお世話になりました。おざまささん初め、社員のすーさん、インターンビジネスサイドのその、しゅんすけ、くーみー、おっくん、けだちゃん、りょうた、くま。インターンエンジニアサイドのムルちゃん、そうちゃん、けんしん、えぐ!ここにいるみんなは本当に優秀であり、尊敬でき、大好きなメンバーです。こんな素敵な環境でインターンをできた事、未熟な私を成長させてくれたこの環境に本当に感謝です。いつか何かしらの形で恩返しをしたいと強く思っています!

スクリーンショット 2021-06-25 20.57.47

本当にありがとうございました!

インターンについて詳しく知りたい方は、下記noteも読んでみてね!




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
TechBowl