一首一会_横_note用

【俵万智の一首一会①】耳を傾けるべきは心を流れる音楽

なめらかな肌だったっけ若草の妻ときめてたかもしれぬ掌(て)は                     佐佐木幸綱

 歌集『群黎』を読み返していて、この一首のところで手が止まった。ただ懐かしいだけではない。自分の歌の原点を見つけたような気がした。

 「だったっけ」という口語の会話体は、自分がトレードマークのように活用してきたもの。いっぽうで「若草の」(妻を導く枕詞)というような古風な言葉の響きも大事にしている。そして「妻ときめてた/かもしれぬ掌は」という下の句七七における句またがり。これは大好きなリズムで、『サラダ記念日』にも頻出する。「いつ言われても/いいさようなら」「長いと思って/いる誕生日」「何か違って/いる水曜日」「言ってくれるじゃ/ないのと思う」「二本で言って/しまっていいの」……などなど。

  「妻ときめてた/かもしれぬ掌は」は、「きめてた」で定型の区切りがくるので、一瞬、決めていたのかなと読者に思わせる。が、その直後に「かもしれぬ」が、たゆたいながら続くところが、まことに心憎い。リズムの揺らぎが、心の揺れと重なっている。妻と決めていたに違いないのだが、句またがりで「かもしれぬ」とかぶせるところに、なんともいえない含羞が表現されている。結句まで読めば「掌」の歌とわかるが、倒置によって「肌」が強調されているところも巧みだ。


  私が短歌を作り始めたのは、早稲田大学で佐佐木先生の講義に魅せられたのがきっかけだった。先生の歌集は繰り返し読んだし、暗唱している歌も多い。が、それにしても、こんなにも直接的に影響を受けていたとは。この一首と出会いなおしたような気がした。

 初めての歌集『サラダ記念日』が、思いがけずベストセラーになり、社会現象とまで言われた頃は、毎日が嵐だった。高校の教師をしながら、取材を受けたり、著者としての活動(サイン会や講演)をしたり。時間的にも肉体的にもギリギリの日々。そんななか、佐佐木先生と対談する機会があった。授業を終え、へろへろな感じで対談場所にたどり着き、たぶん対談中もへろへろだった私。別れぎわに先生が二つのことを言ってくださった。

 一つめは「いろんな依頼があって大変だろうけど、短歌作品の依頼だけは断るな」である。正直、ええーっと思った。歌集が売れてからというもの、やたらと作品の依頼が来るようになり、もう限界だと感じていた。こんな状態で短歌を詠んで質を落としたくない、数は絞っても水準を保ちたい……と考えていた。が、今思うとそれは「逃げ」だし、本末転倒だった。歌集が評判になった結果、歌を作る時間が減るなんて。こういう状況だからこそ、無理にでも作歌の時間を確保することが大事だったのだ。それは、勘を鈍らせるなということでもあっただろう。実際、先生の教えを守った私は、どんどん歌を詠むことができた。

 もう一つは「君は、心の音楽を聴くことができる人だから、何があっても大丈夫」。ブームともなると、いろいろなことを言われる。
妬みや、見当違いからくる意地悪だとわかっていても、まあそれなりに心は折れるもの。時代の寵児みたいなかたから「安心して。すぐに時代遅れになれるから」と言われたこともあったっけ。

 時代がどうであれ、君は君の歌を紡いでいけばいいと、先生は言ってくださったのだと思う。耳を傾けるべきは外野ではなく、自分の心の中を流れる音楽なのだと。

(西日本新聞 2019年6月3日掲載 / 題字デザイン・挿画=北村直登)



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
(^^)/思いきり愛されたくて駆けてゆく六月、サンダル、あじさいの花
395
歌人の俵万智です。息子が「お母さんの作るサラダって、まあまあ貴重だよね」と言ったので、はりきって作ったのが写真のサラダです。

こちらでもピックアップされています

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 17154本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメント (5)
ご質問ありがとうございます。『サラダ記念日』が第一歌集で、初期の作品はほぼ入っています。それ以前の短歌ですと、高校時代に作ったものをインタビューなどで紹介したことはあります。
君を想いぼんやりいじる知恵の輪のするりと解けてため息をつく
田楽を初めて食べし山の茶屋 山椒と味噌と雨の匂いと
などですが、まことに情熱的ってほどでもないですね…。もう一度読んでみたい、ただそれだけ、とまで思われた歌、幸せだなあと思います。ちなみに第三歌集ですが『チョコレート革命』は、そこそこ情熱的ではないかと自負しております。
わざわざお答えいただきましてありがとうございます。私がもう何十年も昔読んだ歌は情熱的な恋の歌、与謝野晶子も真っ青になるほど激しく狂おしい恋心を歌ったものです。今の歌からは考えられない歌、確かそのうように当時思ったのですが、どうしても思い出せない。それで伺ったのですが、無いと言われるなら、またネットを探してみます。なお、「サラダ記念日」は、短歌におけるコペルニクス的な転回を行った記念碑的な作品と思っています。「古今和歌集」など昔の歌は感情・情感を押し付けてくる歌が多くてうんざりするときがあります。この伝統を抜け出して、感情・情感を外出しして客観化する、いわば主体を自らが眺める位置を冷静に確保する手法を確立させたのではないかと思っています。「チョコレート革命」をぜひ読ませてください。また、本稿における短歌の技法については読んだ限りでは納得できますが、若干異論もあります。ただ、長くなりますので省きます。改めて、ご回答下さったことに御礼申し上げます。
初めまして。偶然発見しました。

歌の妙(たえ)なる世界と、とても純粋な表現の世界に心に染み渡るものがありました。
後、もうひとつ”こころの音楽が聴ける人だから“。この言葉。宝物をみつけた気分です。シェアしてくれてありがとうございました。
松尾芭蕉に衝撃を受けたワタシは、サラダ記念日を読み鼻血を出す。こんなところで、出会えたことを森羅万象が祝福しているようだ。本当に感動して喜びが止まらない( T∀T)\(^-^)/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。