見出し画像

S30 最終レート2011 60位 受け攻めミュウツーザシアン

tatsuss_1997

LibornOFFお疲れ様です。ととろです。本日はLibornOFFで予選1位抜け&昨シーズンでR2011 最終60位を達成した構築を紹介したいと思います。

使用TN:たっちゃん

成績:最終60位  レート2011(161勝 108敗)
(*メインロムはレート1950辺りから爆死)

目標:ミュウツーを使ってレート2000と最終2桁を取ること

<構築経緯>
葉桜杯で使用した砂ミュウツー構築が地面が重かったのとガオガエン入りのサイクルを崩すのが難しかったので環境に合わせて微調整を続けた結果今の形になった。

<コンセプト>
1.ミュウツーのダイマックスで相手を崩す

2.対面駒と受け駒を入れることで、選出のバリエーションを広げて再戦でも戦えるようにする。


<個体紹介>*性格はミント使用後の物を使用。

1-ミュウツー

持ち物:命の珠  特性:プレッシャー

臆病 CS252 D4振り
(A個体値0推奨、妥協個体)

サイコブレイク/大文字/冷凍ビーム/草結び

葉桜杯の流用個体、調整意図やダメージ計算は割愛(僕の記事一覧から見られます)

相棒枠。初手や後発からダイマックスをきって目の前にいるポケモンを上から倒す役。前期は後半かなりガオガエンが増えていたので選出しない試合も多かった。ガオガエンやブラッキー、ヒードラン、ルナアーラが入ってないパーティには大体出せる。葉桜杯の配信や再戦で型バレしてることもあって上位勢との対戦では人読みされることも多く、このポケモンで相手の選出を歪めて裏の受け選出を通すことが多かった。


2-ザシアン

持ち物:朽ちた剣  特性:不撓の剣

巨獣斬/ワイルドボルト/インファイト/電光石火

意地っ張り  努力値H236A244S28振り

流用個体の為、調整意図は割愛

高火力高耐久高速アタッカー。ヌオーやHBサンダー、ネクロズマで止まるのと、僕がこのポケモンをあまり信用してないこともあって、ミュウツー以上に選出誘導枠としての役割が大きかった。逆に言えばヌオーとサンダー、ネクロズマ以外では基本止まらないので、ホウオウ+鋼のような受けサイクルには積極的に出して相手の構築を破壊してもらった。このポケモンは基本メタられているので基本選出には入れず、補完や選出誘導枠として構築に組み込むのが強い使い方だと感じた。


3-ヌオー

持ち物:ゴツゴツメット  特性:天然

地震/毒毒/鈍い/自己再生

腕白  努力値HB252D4振り

流用個体の為、調整意図は割愛

ザシアンとメタモン対策と見せかけて主な役割対象はHBネクロズマ、バンギラス、ガオガエン。前期爆増し、ミュウツーを見たらほぼ確実に出されるであろうガオガエンとバンギラス、ザシアンを見たらほぼ確実に選出されるHBネクロズマをカモることが出来たのでこのポケモンが刺さる場面は多かった。鈍いで本来の有利不利を逆転出来るのが強く、ダイナネクロの受け構築にはネクロズマかバンギラス対面で鈍いを積めば裏のムゲンダイナも地震で倒せる。今季は特殊の初手ダイマ型みたいな変なネクロズマが少なかったのも追い風だった。イベザシやバドザシに対してバンギヌオーで受け回すのも無難に強かった。


4-バンギラス

持ち物:食べ残し  特性:砂起こし

ロックブラスト/噛み砕く/眠る/ステルスロック

慎重HD252 A4振り

黒バド、イベル、サンダー意識の特殊耐久特化
余りA

ミュウツーザシアンが苦手な黒バド、ホウオウ、ルギア、ルナアーラ、ザシアン入りに出てくるHBサンダー、ミュウツーに出てくるイベルタルを対策するポケモン。ザシバドの黒バドレックスの中で未来予知を採用した型が一定数存在したため、守るも覚えさせたかったが、それ以上に役割対象に撃つ岩、悪打点と耐久ダイナやポリゴン2等の耐久ポケモンにtod出来る眠る、ガオガエンやサンダー入りのサイクルに有利を取れるステルスロックの4つの技が強かった。このポケモンがいるだけでイベルタルがダイマックスを切りづらくなる為、ミュウツーのダイアイスがよく通った。


5-サンダー

持ち物:アッキの実  特性:静電気

放電/熱風/暴風/羽休め

図太いHB252S4振り

ザシアン等の物理アタッカーを見る為の物理耐久特化、同族意識のS4振り

誤魔化し枠。ヌオーと両採用しているのでアッキ型は読まれづらく、相手の想定を崩すことが出来た。ダイマックスしてもしなくても強い上にエースバーン、ランドロス、ウーラオス、珠ミミッキュ等の重かった物理高火力アタッカーをやんわり見ることができた為、かなり使いやすかった。流行りの鉢巻ランドロスはヌオーと並びで見ていた。
無論、ザシアンにも強い。


6-メタモン

持ち物:拘りスカーフ  特性:変わり者

変身

せっかちHS252振り

無難な伝説対策枠。ランドロス意識で多分Sに降らない方が強い。

主な選出

初手ミュウツー@2

受け選出…バンギラス、ヌオー、サンダー

立ち回りはミュウツーの初手ダイマか、受けで削ったりザシアンで荒らしてから後発ダイマ切ることが多い。ミュウツー通せない時は受けで相手を積ませるか、強引にメタモン通す。

重いポケモン

カイオーガ、鉢巻ラオス、ウオノラゴン等


反省及び後書き
竜王戦環境からずっと目指していた、念願のミュウツー入り構築でレート2000&最終2桁を達成することができてとても嬉しいです。また、最終日は強者の方々と沢山試合することができて、リプや対戦オフで「前期ととろさんと当たりました」と言っていただいて嬉しかったです。今回の並びはミュウツーとザシアンがコピーされた時の引き先に、それぞれバンギラスとヌオーを採用しているように見えますが、実はミュウツーが誘うガオガエンとバンギラスにヌオーが強く、ザシアンが誘うサンダーやホウオウにバンギラスが強いので、意外な所で構築の補完が取れてるところが個人的に気に入っています。僕は7月に試験があるので暫くポケモンから離れて勉強しますが、まだこのルールのランクマ潜られる方々はこの構築からミュウツーの可能性を見出して、更に開拓してくれると幸いです。ここまで読んでくださってありがとうございました。質問や指摘は@totoro_poke19まで!

Special thanks

3桁窓のみなさん
応援してくださったFFのみなさん
対戦相手のみなさん


証拠写真





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!