おこがましいですが、

最近、ようやく自分の足場を確保できた気がしていて、

それはまだとても小さく狭い足場なのですが、

それでも自分の拠り所があると思えていることが、

とても原動力になっています。


そして、その足場が「落語界」じゃないということは、

とても弱点だとも思っています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
『立川吉笑GROUP』という落語グループに所属している現代落語家です。