タサキチューニング
販売車両GSX1100Sカタナです
見出し画像

販売車両GSX1100Sカタナです

タサキチューニング

こちらのカタナ1100をフレーム単体までばらした後、フレームの再塗装、鍛造ピストンを使ったフルオーバーホール、チタン製マフラーへの変更、FCRキャブレターへの交換、ハンドリング向上のためのマグタンのホイール装着など、乗り易く、またトラブル少ない状態にして納品します。

画像1


画像3


カタナはノーマルのままでは乗り易いバイクではありませんが、それは主に足回りが原因になっています。

そこの部分に手を加えます。軽量なマグホイールを取り付けることにより、リーンウィズのままヒラヒラ軽快に走れるバイクに生まれ変わり、また強度不足のため速度が上がると車体が不安定になる原因のスイングアームを変更します。

そしてとても効きの悪いブレーキシステムを変更。

フロントフォークは38mmのビトーR&D製に変更。スタイルを損ねることな強度、バネレートもブレーキシステム、フレームによく合い扱いやすくなります。

エンジンは本来のコンディションを取り戻すため鍛造ピストンを使ってフルオーバーホールし、それにFCRキャブレターと、チタン製マフラーを組み合わせます。これでエンジンの性能をフルに発揮できます。

そして車体回りもフレーム単体まで全てばらしてレストアを行います。

今回も、いつものように良い車両に仕上げるために必須なほぼノーマルで状態の良いベース車両です。外装に立ちごけの傷がありますが、外装の再塗装を行いますので全く問題ありません。シートの張替え、メーターのレストア、メインハーネスの交換など電気系の整備も、もちろん行います。

カタナもエンジンに重要な部品の欠品があり(入手済み)今後今回のように手が加えられた良いものを手にするのはかなり難しくなります。

ただ値段が高いだけで中身のないバイクでなく、本物のカタナが欲しい方のお問い合わせをお待ちしております。

作業中の写真を一部紹介します。

画像3

画像4

画像5

画像6


画像11

画像11

画像8

画像9

画像10

画像12

画像13

画像14

画像15


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!