見出し画像

納品したスズキGSX750Eの写真集です

タサキチューニング

スズキGSX750Eです。
初めて知った方もいるかもしれません。

走っていてもすれ違う事がほとんどない
珍しいバイクです。

この車両はお客様自身から車種指定があり
当社で仕入れ、車体を全てばらしてレストア、
エンジンオーバーホールを施しました。

フレームは見た目カタナと基本的な部分は
瓜2つです。寸法的なものは調べてないので
解りませんが。

エンジン内部は私が知っている、
カタナ1100系、GS1000、GS750とは
違う部分がけっこうあります。

この車両に積まれているエンジンは、
GS系2バルブからこの4バルブヘッドに
なってからの初期物と思われ、試行錯誤、
変わっていく途中だなと感じられる部分が
多数見られます。

ご注文いただいた時に純正部品の必要な部分は
すぐに注文し確保できたため、このように
きちんとした状態で納品することができました。

最近調べたところ、重要な部分の多くがその後
欠品になってしまっています。

マフラーは今回当社で使用している
パイプのサイズ径がこのエンジンには
合わないと判断し、
当社では作らずに手に入るものの中で
私がOHしたエンジンに一番相性が良いと
思われるバンス&ハインズ製をレストアして
使用しました。

サイレンサー内部のバッフルだけを見ると
変な音が出そうな感じですが、
実際に乗ってみればとても良い音で
扱いにくい所もなく選択は大正解でした。

スタイルもこのバイクによくあっていると
思います。

車体の方は元々ポジションが変で、
扱いにくかったのですが、ハンドルと
シートを加工や変更しかなり改善できています。

車体の方をばらして見れば、
各所今だったら絶対にこんなことはしない、
というような凝った作りの箇所が見受けられ
それが生で見た時の独特の質感になって
いると思います。
かなりコストがかかっている感じです。

個人的にはテールランプ回り、
塗装や、メッキではないタンクキャップが
気に入っています。

後はメーターに何速に入っているか
表示されるところが面白く、意外と便利ですね。

曲がりにくい所もなく、エンジンのパワーも
必要にして充分でしかも良い音。

珍しく、唯一の一台ですから、
喜んでいただけていると思います。

今回外装色はバンス&ハインズの
ドラッグレーサーの少ないデータを元に
塗装しています。無理な仕様を具現化して
いただいた塗装屋さんに感謝です。

誰でも欲しがるようなものを買う、
(当然価格は高くなる)
だけではなく、
自分が本当に欲しい物を手に入れる。
こういう選択もあります。

750ccは750の良さがあり、
どのバイクも内外共にきちんと仕上げると
本来の良さを知ることができます。

排気量が小さいとマフラーの選択が
難しくはなりますが。
この車両のピストンは純正のものを
使用しています。

単にいつも使っているピストンの設定が
なかったのが理由です。
では写真をどうぞ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!