タサキチューニング
カワサキローソン系エンジンクラック修理
見出し画像

カワサキローソン系エンジンクラック修理

タサキチューニング

カワサキローソン系(Z1000J、Z1100R等も同じ)の後部エンジンマウント部のエンジンのクラック修理です。ここにクラックが入っていればエンジンOHの際に治すしかありません。

画像1

この写真はカワサキZ1000R2のもので、この写真でははっきり3箇所クラックが入っていますが、通常は色が塗られているとパッと見、解らないものもあります。

よく見てうっすら見えているクラックが入っているかいないか良く解らないようなものでも5~10mm程の深さでクラックが入っているものがほとんどです。

ローソンなどJ系はZ1系と違ってフレームへの固定が、エンジン後ろ側はここ1箇所でフレームに固定されています。Z1系は後ろ側に2か所です。

その為ここの部分の負担が大きくて、私が今まで見た車輌はかなりの確率でクラックが入っていました。

特に車輌にエンジンが搭載されていると見えにくいです。
また車体がフルノーマルでもクラックが入っているものが多く「改造していないから壊れてないはず」という考えは甘いです。

画像2

修理する場合にはまずこのようにクラック自体がなくなるまで深く削っていきます。場合によってはもっと大きく削らないといけない時もあります。そうなれば修理の難しさが2字曲線のように跳ね上がります。

ご覧のようにかなり削らないとクラックがなくすことができません。削るときも後で溶接することを考えて上手く削らないと、溶接して冷えるときにさらにクラックが広がり大変なことになってしまいます。

このように削らずにクラックの上から溶接して治す方もいますが、それでは強度がでなくて、オイル漏れしている場所の上に液体パッキンを塗っているのと同じできちんと治りません。

また、力が加わって壊れているわけですから、より強くして治しておく必要があります。

画像3

溶接後の写真です。ひずみなどでないように、クラックが再発
しないように気をつけて作業します。

画像4

この写真は一度溶接した後に(先ほど紹介した写真)ある程度削った後、さらに溶接が足りない部分に再度溶接した写真です。

画像5

その後整形して仕上げた写真です。純正と同じ形にすることも可能ですが、同じ形状だとまたクラックが入ってしまうので、車体に組み付けた際に不自然にならないように考えながら強度が上がるような形に変更しています。

画像6

この写真は、上から見た状態ですが可能な限り元々の形を残して不自然にならないようにしています。
このバイクはこの後黒の塗装で仕上げるので全くわからなくなります。

エンジンオーバーホールと言いながら分解して組み立てるだけの意味のないオーバーホールごっこがあちこちで行われて、お金だけ取られたりしています。あなたのバイクは大丈夫でしょうか?

ここでは簡単に紹介していますが、この作業は慣れていてもきちんとすればだいたい5時間以上かかります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!