見出し画像

2019年とこれから

明けましておめでとうございます。本年もゆっくりではありますが、色々と綴っていきますので、よろしくお願い致します。

2009年以降の話を書いている間に2019年になってしまいましたので、TAICOCLUBの過去の話は次回以降に引き続き残していきますね。今回は年初の挨拶を兼ねて今後の活動に関して少しだけ。

今までは僕らが主体となりフェスティバルなりイベントなりを開催してきましたが、その部分はもっと若い人達がやった方がいいでしょ。と思っているのでそれが実現できうる環境を作っていくために活動していく事にしました。実現までに時間がかなり掛かるだろうと想定していましたが、予想外に話が早く進みそうで、嬉しい悲鳴となりそうです。もう少ししたら何かしら発表できるかなと思います。

では、何故そう思い始めたのか。12年間と短くは無い期間に渡り自分達が信じるスタイルでフェスティバルを続けてきましたが、個人的には何も変えられなかったし、何も残せなかったという思いがとても強くあります。積み上げて残していく事をこれからの10年でやっていきたいなと。

黒子として裏方として自分を作ってくれた文化に少しずつ恩返ししていこうと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Taro Yasuzawa

読んでいただきありがとうございます。いただいたサポートは今後の芸術性を社会に浸透させていくための活動資金に使わせていただきます。

芸術が溢れるように。
9
こいのぼり株式会社/TAICOCLUB Founder 2006年より12年間に渡りミュージックフェスティバルTAICOCLUBを主宰。日本有数の音楽フェスティバルへ成長させ、2018年にその幕を降ろした。今後は芸術性︎を社会に浸透させていくための仕組み及び場所を運営していく。