マガジン

  • Tech Magazine

    • 64本

    CAMPFIREの開発者が「技術的な課題と解決策」や組織について綴っている記事をまとめたマガジンです。

    • Tech Magazine

      • 64本

最近の記事

チームで考える、フロー効率で考える

この記事はCAMPFIRE Advent Calendar 2023の1日目の記事です。 こんにちは。CAMPFIREでエンジニアリングマネージャーをしている小川です。CAMPFIREのクラウドファンディングの開発チームのEMになって1年半余りが過ぎました。 振り返ってみるとなかなか大変で、開発チームのあり方が試行錯誤を繰り返しながら、大きく変わっていく、そんな1年だったように思います。 新たなメンバーがたくさん入ってくださって、力を発揮していただいたということが大きい

    • 「一人でも多く、一円でも多く」価値を届ける決済の仕組みと工夫

      本記事は CAMPFIRE Advent Calendar 2022 3日目の記事です。 こんにちは。CAMPFIREでエンジニアリングマネージャーをしている小川です。 11/30に10Xさん、カンムさんとの共催イベント「泥臭くも価値を届ける決済の仕組みと工夫」にCAMPFIREから私が登壇させていただきました。 今回はイベントで発表した内容を通じて、CAMPFIREの決済とその裏にある考えや工夫についてご紹介できればと思います。 クラウドファンディングの決済そもそも

      • なぜ今CAMPFIREはエンジニアを採用するのか 2022年度版

        こんにちは。CAMPFIREでエンジニアリングマネージャーをしている小川です。 先日、SREチームの採用記事を公開しましたが、CAMPFIREの開発チームでもエンジニアを募集しています! 本日は応募いただいた方、応募はまだだけど、どんな様子なんだろう?と気になっている方に向けて、CAMPFIREの開発チームがなぜ今採用をするのか、そしてどのような働き方をしているのかをご紹介できればと思っています。 CAMPFIRE開発チームはどんなフェーズなのかまず、CAMPFIREは

        • Railsの起動時間を7分の1にした話

          こんにちは。2021年12月にCAMPFIREに入社した小川です。 CAMPFIREではRailsを使って開発しています。わたしの入社後、いくつかRailsのパフォーマンスチューニングをする機会があったのですが、今回はそのうち、開発環境でのRailsの起動時間を約7分の1に短縮することができた事例についてご紹介したいと思います。 Railsの起動が遅いCAMPFIREで開発をしはじめてひとつ気づいたのが、開発環境でのRailsの起動にやけに時間がかかることでした。計測して

        チームで考える、フロー効率で考える

        • 「一人でも多く、一円でも多く」価値を届ける決済の仕組みと工夫

        • なぜ今CAMPFIREはエンジニアを採用するのか 2022年度版

        • Railsの起動時間を7分の1にした話

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • Tech Magazine
          CAMPFIRE 公式note 他