一般社団法人タオ・アカデミージャパン公式note
道家氣功の本から「道家の祈り」についてのお話
見出し画像

道家氣功の本から「道家の祈り」についてのお話

一般社団法人タオ・アカデミージャパン公式note

5月30日に発売された「道家氣功」には初版にはなかった「道家の祈り」が巻末に掲載されています。日本初上陸です。

この祈りは中国語で20(22)の漢字から構成されています。私たち日本人は中国語がわからなくても、漢字からなんとなくその意味を理解することが出来ます。

漢字はもともとは道家が作ったと言われています。その一文字が構成された成り立ちに深い意味が隠されています。

例えば祈りの中に出てくる「玄」という漢字はみなさん良く知っていますね。でもこの漢字の成り立ちについては、ほとんど誰も知りません。じつは私たちのからだと深い関係があります。この「玄」は道家氣功を学ぶ上でもっとも重要な文字のひとつだと言ってもいいでしょう。

この「玄」は、あの有名な「老子道徳経」の第一章にも出て来ます(しかも3回も)難解とされる老子道徳経は、この漢字の成り立ちを理解しないと本当の意味は理解出来ないと道家では言われています(「老子と氣功」2022秋出版予定)

道家の祈りは、もうひとりの母である大宇宙と自分(小宇宙)を繋ぐ祈りです。そして大いなる道(タオ)の門をくぐるのは、他の誰かの力によってではなく、あなた自身のパワー(氣)なのです。

-古代から伝わる21世紀最高の氣功実践書
「道家氣功」のお求めはタオ・アカデミージャパン公式HPから↓

http://tao-academy-japan.com/book-guide/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
一般社団法人タオ・アカデミージャパン公式note
道家氣功は古から大切に受け継がれてきた健康長寿の叡智の結集。氣功という堅い難しいイメージから、わかり易く楽しく伝統氣功をお伝えします。日常の中に気楽に気持ちよく氣功を取り入れた氣功ライフ。すでに多くの方が始めています。 http://tao-academy-japan.com