見出し画像

紙版『ハランクルク』コミティアでお目見え

 noteでの連載で好評を頂いている痛快活劇メカアクション小説『ハランクルク』が、いよいよ冊子化されます。
 まあぶっちゃけずっとやりたかったんですが、表紙をどうするか、ずっと決まっていたなかったので、先送りになっていたんですよね。
 今回asteriskさんの協力を得て、ついに印刷物としてリリースすることができることになりました!
(……コピー誌ですけど)

 今回の冊子版では単に「紙だから読みやすい」というだけでなく、note連載版ですでに呼んだひとでも楽しんでもらえるように中身もパワーアップしてます。
 具体的にはルビ。
 架空世界ものということで、どうしても特殊な用語が多くなってしまう『ハランクルク』ですが、長さや重さなどには私達が普段使いしている単位で換算したルビを、また作中では日本語表記になっている言葉も現地語ではどう言っているか、ルビを振ってあります。
 ガンさんの口癖「糞虫め!」が、本当はなんと言っているのか、ぜひ誌面で確かめてください。

 痛快活劇メカアクション小説『ハランクルク』第1話
『ハランクルク 帝国の盾と辺境領の姫』は

コミティア113 た10b 空想海軍 で頒布します。

頒布予定価格は500円
(文字がみっちり詰まって)全44ページです。
※文庫本なら130ページ相当(推定)

 ぜひweb版ともども、紙版も読んでください。


※制作中の冊子版 表紙。asteriskさん作のハランクルクが目印!


※字がみっちり詰まった本文! 読み応えあります!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
作家(自称)。空想海軍所属 http://t.co/A8MERmK4 架空世界作りとアナログゲームが趣味。げんざいファンタジー「架空世界カナン」のシリーズとメカアクション「ハランクルクのシリーズを掲載中。 ライター仕事募集中。