昭和の男たちのそれを待つ

散歩の途中、昭和の風情の残る商店街から脇に入った路地で、とてもひさしぶりに「立ち小便」というものを見かける。

二人連れのおじさんが、仲良く並んで。

すぐそばにはコンビニもあるし(そこにはトイレがある)、ミスタードーナツもあるし(そこにはトイレがある)、小さいけれど駅もある(そこにはトイレがある)。

二人の風情には「どうしようもなく」「やむにやまれず」という切迫感も感じられない。むしろのんびりと平和に、商店街を大音量で流れるお正月BGMの琴の音色をバックに、談笑さえしている。

子どもの頃、周囲の大人の男たちは当然のようにそれをした。そしてお前もしろとぼくにせまった。

昭和の日本は、ずいぶんと野蛮だったのだ。

ぼくはそれをしなかった。だからその辺で立って待っていた。何ら恥ずべきところはない。

けれども、男たちのそれが終わるのを、ひとりぽつんと待っているときの心持ちは、不思議な弱小カテゴライズ感とともに記憶されている。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
( ._.)b
アウトライナーフリーク。書くことと考えること。 著書『アウトライナー実践入門』他(https://www.amazon.co.jp/~/e/B01HY3PPUU) ブログWord Piece Blog(http://wordpiece.hatenablog.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。