見出し画像

今年登ってよかった山ベスト3 #2019年のベスト登山

#2019年のベスト登山 というハッシュタグが界隈で流行っているので僕も便乗します。

ちなみに2019年は12回登山に行きました。

3位 滋賀県・比良山地縦走【5月】

3位は地元滋賀県の比良山地1泊2日テン泊縦走。

権現山→ホッケ山→蓬莱山→打見山→比良岳→烏谷山→武奈ヶ岳→御殿山と8つの山を一気に縦走しました。

比良山地の最高峰は、武奈ヶ岳の1,214m。

比良山地からは日本一の湖・琵琶湖が見下ろせ、改めて琵琶湖の偉大さを感じることができます。

GWのアルプスは完全に冬山なので、初心者向けではありません。GWの春山登山として関西から行くにはすごくおすすめです。

地元である滋賀県の山は定期的に登り続けていきたい。

画像1

画像2

画像3

画像4

画像5

画像6

画像7

画像8

画像9

2位 屋久島・宮之浦岳【11月】

2位は屋久島にある百名山、宮之浦岳。

宮之浦岳の1,936mは九州最高峰で、屋久島は世界遺産にも認定されています。

屋久島には1,000m以上の山が45座も並ぶことから「洋上のアルプス」と呼ばれており、たくさんの登山ルートが存在します。

今回は百名山の宮之浦岳から、屋久島の有名観光スポット「縄文杉」「ウィルソン株」「太鼓岩」「白谷雲水峡」を全て巡る1泊2日テン泊縦走でした。

総距離23kmのかなりハードな山行でしたが、この縦走プランが上記スポットを全て回るには一番効率が良いので、同行した彼女に無理を言って付き合ってもらいました。

屋久島は年中ずっと雨が降るのですが、10月~11月は比較的晴天が多いということでこの季節を狙っていきました。

結果的に晴れてくれたので、最高の山行を楽しむことができました。

画像10

画像11

画像12

画像13

画像14

画像15

画像16

画像17

画像18

画像19

画像20

画像21

画像22

画像23

画像24

画像25

画像26

1位 北アルプス・燕岳【4月】

1位はGWに登った燕岳。

1泊2日、山小屋泊で燕山荘に泊まりました。

残雪期登山の予定だったのですが、全国的な寒波が初日の夜に重なり猛吹雪。テン泊だったら飛ばされていたかもしれません。

しかし翌朝は快晴。

さらに前日の吹雪のお陰で、山頂付近が新雪で覆われ、最高の絶景を見ることができました。

冬山のアルプスは初めての経験だったのですが、完全にハマりました。

画像27

画像28

画像29

画像30

画像31

画像32

画像33

画像34

画像35

画像36

画像37

画像38

画像39

***

みなさんも #2019年のベスト登山で想い出の山を教えて下さい!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

高低差ありすぎて耳キーンなるわ!
3
毎朝5時に起き、仕事も趣味も全力で楽しむTABIPPO社員👲若手ビジネスマン向けに、仕事術やライフハックについて発信します。#旅人採用 責任者|組織開発|Voicyパーソナリティ|登山コミュニティ @yamasalo 主催|五反田民【経歴】TABIPPO←アトラエ←阪大←滋賀