平日夜タクシーで効率よく稼ぐための流し方 ①銀座・新橋・東京駅エリア

平日夜タクシーで効率よく稼ぐための流し方 ①銀座・新橋・東京駅エリア

注)本記事の内容はコロナ渦前(2018~2019年)の筆者の営業経験に基づいています。現状とは異なる部分があることをご了承ください。

【この記事をオススメできる人】

・東京の新人タクシードライバー(隔日勤務または夜日勤)

・売上に伸び悩んでいる人

・客単価、時間単価を上げて効率的にタクシーで稼ぎたい人

新人から1年で夜勤で日平均5万を売り上げた著者が実践していた「流し方」です。効率よく稼ぐために流すべき場所、ルートを時間帯別に教えます。今回のエリアは都内でも屈伸の高単価客が多い「銀座・新橋・東京駅」エリアです。東京のタクシードライバーが最も稼げるエリアと言っていいと思います。

銀座というと乗車禁止ルールなどが難解で敬遠される新人ドライバーも多いと思います。しかし、このエリアだけ覚えておけば、平日夜はこのエリア~郊外(中長距離)の往復だけで、新宿、渋谷、六本木など他の主要エリアを知らなくてもある程度は稼げてしまうので、むしろ新人ドライバーの人に積極的にオススメできるエリアです。


ご購入前の注意

※ピンポイントの待機場所については、以下記事を参照ください。

※本記事は「平日夜」に有効な流し方を記載しています。昼間や土日祝日などの休日は本記事に記載の方法とは別の戦略が必要になります。

※売上がいい人やベテランドライバーの方は、本記事の方法よりもっと稼げる方法を知っている可能性が高いです。

この続きをみるには

この続き: 3,820文字 / 画像3枚

平日夜タクシーで効率よく稼ぐための流し方 ①銀座・新橋・東京駅エリア

タク☆八郎

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
東京タクシードライバー1年経験/1年で「夜日勤」日平均売上5万達成/銀座周辺⇔郊外のピストン/時間単価重視/実車率無視/高速大好き/ECD・東京シティガイド検定取得済/ブログ⇒https://taxi-blog.tokyo/