こんな世界があったらいいな
見出し画像

こんな世界があったらいいな

みやした

『サマーウォーズ』の"OZ"のような、『竜とそばかすの姫』の"U"のような世界。

画像1

VRゴーグル的なのをつけると入れて、五感が完全にコントロールされる。

そこでは自分の分身となるアバターを作る。容姿にコンプレックスを持っている人も、自分がなりたい姿にアバターの外見を変えられる。

そこには現実世界にあるものもないものも、なんでも揃っている。

商店街には自分のお気に入りのショップが並んでいる。服を買えば、アバターに着せることもできるし、3Dプリンターで印刷して実物を自宅に届けてもらうこともできる。

現実世界に送るものは1日に買える上限が決まっているが、デジタルデータならいくらでも買うことができる。

最近は政府や自治体の出張所も出店していて、行政の手続きもできるようになったらしい。

この世界に暮らす人は、共通の通貨をやり取りして暮らしている。

毎日この世界に入るだけで、ログインボーナスとして一定のお金がもらえる。また、仕事をしてさらにお金を稼ぐこともできる。例えば、現実世界で大工をやっていた人が、この世界でも同じように大工として働き、たくさんの建物を作っている。

しかし、このお金は時間が経つと自動的に減っていくので、貯めようとする人はいない。現実の通貨と交換することもできるが、こちらも1日の上限が決まっている。

この世界で話した言葉は、全てAIで自動翻訳されるので、他言語の人たちとも不自由なく会話ができる。

また、話した内容に応じてエフェクトが現れる。汚い言葉や人を傷つける言葉を言うと、とても気持ち悪いエフェクトが現れるので、あまり言う人はいない。

この世界に関わる大きな決め事は、現実と同じく選挙によって選ばれた議員たちが決める。しかし、再選ができないので、汚職や権力の集中といった事態は起きない。

基本的に、いいことをした人が評価される世界なので、みんな進んでいいことをしようとするし、みんな楽しいからこの世界にいる。

#こんな世界があったらいいな

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
みやした

いつもありがとうございます!

はははははははははは
みやした
脚本家志望のフリーランスエンジニア