見出し画像

緩やかな成長曲線。コンサドーレの10番・宮澤裕樹が抱く、自らへの期待。

この続きをみるには

この続き: 3,005文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
選手の普段知れない本音、高校時代や大学時代の発言や考え方、そしてエピソード、それが今にどう活かされていて、今何を考えてサッカーに取り組んでいるのかなど、綿密な取材で紡ぎ出したコラムを提供して行きます。時には超有名選手から無名の選手、高校生の金の卵などを幅広く紹介し、取材の中でこぼれ話や検証コラムも展開して行きたいと思います。さらに選手の中学、高校、大学時代の写真も掲載し、文と写真で楽しめるコンテンツにして行きたいと思います。

ユース年代のサッカーシーンを中心に取材歴22年、フリー歴14年。 これまでのべ40か国以上を飛び回り、ユース、プロ、海外と取材の幅を広げる…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

これまで22年間、全国各地、世界各国を飛び回ってきました。今後もそうした活動を継続したいと思っております。もしサポートを頂ければ、これからの更なる活発な取材活動に活かしていきたいと思います!よりディープな話題、選手の本音を引き出し、有意義なコラムと写真を出して行きたいと思います。

7
取材歴23年、フリー歴14年。元銀行員のノンフィクションライター。NumberWebで『ユース教授のサッカージャーナル』を連載中。書籍9作。最新作は白血病からピッチにカムバックした、アルビレックス新潟の早川史哉の壮絶な半生を描いた『そして歩き出す サッカーと白血病と僕の日常』

こちらでもピックアップされています

安藤隆人の取材ノートとカメラから紡ぎ出す物語
安藤隆人の取材ノートとカメラから紡ぎ出す物語
  • ¥800 / 月

ユース年代のサッカーシーンを中心に取材歴22年、フリー歴14年。 これまでのべ40か国以上を飛び回り、ユース、プロ、海外と取材の幅を広げるサッカージャーナリスト・ノンフィクションライターの安藤隆人が、これまでとこれからの取材現場で集めて来た情報、培ったネットワークを活かしたコラムを展開して行きます。 得意分野である選手の本音とバックボーンに迫った選手コラムだけでなく、時にはサッカー界全体の検証、提言コラムを展開し、多くのサッカーファンのニーズに応えて行きます。ユース年代から大学サッカー、Jリーグ、日本代表など幅広い層を網羅して行く。さらにカメラも20年以上撮り続けており、文中にふんだんに盛り込んだ選手の秘蔵写真も必見です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。