鼻呼吸の良いところ
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

鼻呼吸の良いところ

こんにちは!

鼻呼吸の大切さを伝える時に
切り離すことのできない話題に

一酸化窒素(NO)

があります

先日Pubmedで論文を探していたら
こんな論文に出会いました

一酸化窒素(NO)は、COVID-19の重症化を和らげることができるか?

スクリーンショット 2020-06-15 16.43.03

台湾の先生の論文です

今日のnoteは
この論文の要約を
まとめてみますね

・鼻には、吸い込んだ空気を、ろ過・加温・加湿するという重要な役割がある。

・副鼻腔(鼻の脇にある空洞)では、一酸化窒素(NO)が持続的に作り出されている。

・一酸化窒素の機能は、気管支を拡張する・血管を拡張する・線毛運動を活性化する・粘液分泌を増やす。
一酸化窒素は、気管支や肺に拡散している活性酸素の一種で、ウイルスを不活性化し、複製を妨げることで、気道の感染を減らす役割がある。

・新型コロナウイルスによるパンデミックの視点から、COVID-19に対して、一酸化窒素を吸入する効果を試験することが計画されました。一酸化窒素の吸引は、SARSの時に試験をして効果があった。

・口呼吸は、鼻のろ過機能を活かせず、気道の一酸化窒素レベルを低下させるので、新型コロナウイルスに対抗するための反応を弱らせる事になる。

・睡眠中に鼻呼吸を促すために、口にテープを貼って寝ると、一般的な風邪を防ぐ効果があるので、これと同じように、コロナウイルスへの感染に対しても潜在的な恩恵があると考えられる。

・ハミングすると、鼻の中の一酸化窒素が15倍になる。

鼻呼吸は
一酸化窒素(NO)を有効活用することができるので
大切ということですね

そして
そのためには
口にテープをして寝ましょう

鼻炎で鼻づまりがひどい時や
風邪を引いて鼻水が大変な時は
無理しないでくださいね

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
なめらかなスキ、ありがとうございます!
世界のつながりをなめらかに。信頼できる心からのつながりの中で、やさしさを共有できる世界を作っていきます。