見出し画像

#974 「iPhoneだけだよ」を解消する2in1ケーブル

村守隆史

「iPhoneだけだよ」これには2つの意味があることを最近知った。

1つは文字通り「Lightning端子を搭載しているのはiPhoneだけだよ」という意味。転じてガジェットの充電端子はUSB-Cに統一されたのに、iPhoneだけのために持ち歩くケーブルが増えてしまうという意味。

世の中の9割方がこの意味で使っているだろうと推測する。

で、残りの1割は何か?それはデータ転送の遅さ。現在使っているiPhone14Proは動画のフォーマットとしてAppleProRes(アップルプロレス)と呼ばれる高品質な非圧縮の形式が選択できるようになった。

詳しくは上記サイトを読んで頂くとして、ざっくり言うと動画版RAWデータといったところか?ほぼ加工されていない生のデータなので、データ量が膨大になる。なので対応しているiPhoneもProモデル256ギガ以上とのこと。(1分程度の映像で5GB程度のデータ量になるらしい)

その膨大なデータをMacに転送する場合にLightningケーブル経由だと遅すぎるというのが2つめの「iPhoneだけだよ」問題。

USB-C3.0ケーブルだと最大10Gbpsの速度が出るのに対し、Lightningだと480Mbpsまでしか速度が出ないらしい。

iPhoneからケーブル経由でデータ転送をしたことがなかったので、後者についてあまり考えたことはなかった。というか、ほとんどの方には関係のない話だろう。

話をタイトルに戻す。

1つ目の「iPhoneだけだよ」問題を解消する2in1ケーブルを発見・購入してみたので紹介したい。

それはサンワダイレクトのこの商品

このケーブル、長らくAmazonでは品切れ状態だったが、最近になって在庫が復活した。iPhoneを充電するには20W、Macを充電するには60Wまで対応しているので、充電に関してはこれ1本持っていればほとんどの機器に対応している。

理想を言えば、白のケーブルがあったらよかったし、個人的にはケーブルの長さも120cmではなく、90cmくらいでよかった(体積が減るので)。

質感は、ビニール感があってあまり良くはない。最近流行りのシリコンケーブルや、編み込みケーブルなど質感の高いケーブルを触っていると物足りなさはある。

端子部分が大きいので、iPhone純正のシリコンケースを付けていると充電できないという欠点も。

と欠点ばかり挙げてしまったが、良い点もある。それは「Made fo iPhone」の認証取得していること。この手のケーブルはAmazonを探せば怪しいものが多数ヒットするけれど、どれも使うには人柱にならざるを得ない。その点で認証取得は安心材料ではある(その分お高めなのだが)。

まとめると、1つ目の問題に対して、単純に荷物を減らしたい人にとっては良いアイテムになるだろう。来年発売のiPhoneは不要になる可能性はあるが、今欲しい人にはおすすめ。


この記事が参加している募集

おすすめガジェット

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!