見出し画像

#859 iPad mini6をMacBook化しようとして迷子になっている

村守隆史

iPad mini6のMac化計画で値上がり前のMagic Keyboardを値上がり前滑り込みで購入。

そしてキーボードと一緒にマウスも必要だよねってことで、YouTubeのレビューを眺めていると、ロジクールのMXAnywhere3が気になってこれも手に入れる。ただ、iPad×マウスにどうしても慣れない。画面サイズがminiだからか?

ただ、純正ならこの慣れない作業を解消してくれるはず!と信じてMagicMouse にも手を出してしまった。しかもスペースグレイとホワイト2つも(うち一つは売却)

見た目は最高にクールなんだけど。。。

マウスを使ってみてわかったのは、結局iPadの画面面積と同じくらいの場所が机の上にも必要だってこと。そして純正マウスではスワイプ操作とポインターを動かす操作の動作でマウスの持ち替えが生じるのに慣れが必要だと感じた。

現在、PC作業はトラックボール、Macではトラックパッドという2種類のインプットデバイスを使っている。それに加えてマウス操作も加わるとなると頭が混乱して、操作の切り替えについていかないというのもあるかもしれない。

以前も書いたように「ジョブズだったらこうするね!」で潔く板一枚(iPadオンリー)といきたいところではあるのだが。。。

そして、純正マウスを使っても、画面の拡大縮小(ピンチイン・ピンチアウト)は画面タッチでしか出来ない。

というわけで、純正マウスとキーボードで揃えても、タッチ操作が完全に無くなるわけでは無いということはわかった。指の操作も併用しなければならないので、「キーボード+マウス+タッチ」と動きが多くなって、無駄が多く感じてしまう。あったらあったで便利なのは確かなのだが。

この動画を見ていると、やはりiPadで使うにはトラックパッドの方が優秀なようで、どうしても気になってポチる(メルカリで)。

トラックパッドの重さは230g、iPadmini6+スマートフォリオが約300g、Magicキーボードが230gなので合わせて860g。1kgを切っているとはいえ、これなら12インチ無印MacBookの方がよいのでは?なんて思ってしまうが。気のせいだってことにしておく。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!