見出し画像

刺青は後悔する?タトゥー入れてる僕が銭湯温泉の問題を語ります

タトゥーを入れたら後悔するのか。銭湯、温泉は刺青の人を禁止するべきなのか。読者の方にいい質問を受けましたのでお答えしたいと思います。

実は私(女)は今タトゥーを入れようか悩んでいます。でも銭湯や温泉ではタトゥーが禁止なところが多く、入れたらいつか後悔するのかなあと思ってはなかなか踏み出せません(銭湯はあまり行きませんが、温泉は大好きです)。東京五輪でたくさんの外国人が来るので緩和されるんじゃないかと言われたりもしていますが、それについてはどう思いますか。映画と関係ない話ですみませんが、人生相談でも構わないと書いてあったので、外国生活の長い映画男さんの意見をぜひ聞いてみたくなりました。

こういう質問待ってたんですよ。なんでもっと早く聞いてくれないのよ。これぞリクエストでしょ。

ちなみに僕は19歳のときに外国で若気の至りで背中に手の平サイズの結構大きめのタトゥーを入れてしまい、それ以来そのタトゥーを文字通り背負って生きております。なので今回はタトゥーを入れようと思っている若者にアドバイスを交えながら質問に答えたいと思います。

ちなみにここではタトゥーも刺青も一緒くたにしてお話させていただきます。和彫りのことを刺青、洋彫のことをタトゥーといった分け方はあえてしません。どんなタイプのものであろうと「身体に入れる絵や文字」という意味で話を進めますので、こだわりのある人はご了承ください。

この続きをみるには

この続き: 2,524文字

刺青は後悔する?タトゥー入れてる僕が銭湯温泉の問題を語ります

映画男

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
映画批評ブログ「ただ文句が言いたくて」の管理人。ここではブログでは書けない様々な事柄について文句を書いていきます。