tabbyjiro

ビーズ編みをしています。あるきっかけから、価格優先で販売される中途半端なデザインのモノが全体の価値を下げ続けることに疑問を抱いてプラスチック製品の包み(くるみ)編みを始めました。安易に捨てられるプラスチックゴミを価値化できたら良いなぁ。

どうやらパーソナリティ(人格)の偏りすぎによる不器用が生きづらさを招いているようだ。

不器用=慣れていないこと(日常的に行わないため、思うようにならない。そのぎこちない動作や行動)

パーソナリティ障害とはそういうこと

アレルギー体質のように、過剰に恥ずかしさを感じるHSPは、心の壁を作りやすい体質(性質)なんだと思うの。だから、“心の壁を作りやすい性質”ということを自覚するだけでも生き易さへ一歩近付く気がするの。

「あとで」
と思った瞬間に判断を後回しにした事柄が積み上がる。
「あとで」という時間は存在しない。

今は処理できないという判断ならつけられる。

そういう時は、今は受け取らないという決断をする。

物も情報も。

捨てるという行為には判断と決断が必要。
そこを乗り越えて捨てることができれば新しいものが入ってくる。
ただ、そこにスピードはいらない。
浄化され、循環される速度に合わせてゆっくりと流れ続ければ良い。

ビーズ編みのボトルポーチ レシピ【その③】

こんにちは。 試作で満足し、できるだけ値付けのジレンマを避けて通りたいウチダです。 といいますのも‥ 数少ない作品でも、販売にあたっては原価計算というものをす…

ビーズ編みのボトルポーチレシピ【その2】

レシピ1のつづきです。 レシピ1で切り出した底板に編みつけをし、ビーズを編み込む前の段階まで進みます。 2分半ほどの短さなので、気楽に見ていただいて「こうするの…