コトトマ#9.5「コトトバ運営チーム 瀧内貫/草野エリ/菊地徹」

配信日時/2020年6月17日(水)7:00-8:00
配信方法/YouTube Liveにて配信( https://youtu.be/MJZmVySumuQ
スピーカー/瀧内貫(株式会社コトト 代表取締役/ミリグラム株式会社 取締役/まちの教室 ディレクター など)、草野エリ(コトトバ アシスタント)、菊地徹(栞日代表 / 企画・編集・執筆)
サポート/小口真奈実、間藤まりの、宮坂詩織 他

==

企画当初にお伝えした10人(組)との対話もそろそろ終盤。対話相手候補は尽きないけれど、これまでの対話の意味や価値など、運営チームでちょっと振り返りつつ、11回め以降の進め方やこれからのゲストなど、運営チームで話せればと思っています。もちろん、ラジオのように声だけでYouTubeを使っての配信、いつものようにチャットを絡めつつ、話をします。ぜひライブで、呼んでほしいゲストなども書き込んでください。
題して、コトトバとコトトバの間、「コトトマ」です。

==

<スピーカープロフィール>

瀧内貫
1978年大阪生まれ長野育ち。デザイナー。企画家。
地域に根ざし、さまざまな事業やプロジェクトの伴走者として、各種広告やウェブサイトなどのデザインディレクションを手がけるほか、地域課題を整理、解決するための活動やプロジェクトに携わるなど、グラフィックデザインや空間デザイン、プロジェクトマネジメント、コミュニティデザインとその周辺を専門領域としている。多様なコミュニケーションや、プロジェクト企画などを組み合わせた立体編集、ディレクションを得意とする。
主な活動として、株式会社コトト 代表取締役、ミリグラム株式会社 取締役、まちの教室 ディレクターなど。
その他の経歴などは、プロフィールサイト( http://ta9chi.jp/ )より。

草野エリ
1986年東京生まれ、長野県安曇野育ち。最終学歴は高校、20歳から大阪へ移住。
長年の飲食接客業を経て、IT×不動産を得意とする会社に就職。コワーキングスペースや、アフィリエイトスクールの運営など事業の立ち上げにも携わり、2019年春、独立し、長野県塩尻市にJターン。
現在は自身の分野を確立するために奔走中。人懐っこさと、興味関心で飛び込む行動力で、さまざまな活動に首を突っ込んでいる。
主な活動は、塩尻のシビック・イノベーション拠点「スナバ」の運営メンバー。Instagramアカウント「フタリノ」運営チーム。「スナックエリー」を不定期開催。

菊地徹
栞日代表 / 企画・編集・執筆
1986年、静岡県静岡市出身。大学卒業後、旅館勤務、ベーカリー勤務を経て、2013年夏、長野県松本市で栞日を開業。国内の独立系出版物を扱う書店兼喫茶としてスタート。翌年の夏からブックフェス「ALPS BOOK CAMP」を主催。2016年夏には、現在の店舗に移転リニューアルオープン。同年秋、毎回ひと組限定で中長期滞在型の宿〈栞日INN〉を旧店舗にて運営開始。2019年春には「これからの日用品を考える」がテーマのギャラリーストア〈栞日分室〉も始動。今春、企画・編集・執筆を生業にすることを宣言。まつもと市民芸術館の広報誌『幕があがる。』編集メンバー。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1978年大阪生まれ長野育ち。公私混同、仕事とプライベートとの境目なく、長野県とその周辺をぐるぐる。株式会社コトト 代表取締役、ミリグラム株式会社 取締役、まちの教室 ディレクターなど。

こちらでもピックアップされています

コトトバ
コトトバ
  • 16本

人口減少高齢社会に加えコロナ禍で、社会が加速度的に速度を増して劇的に変化していくなかで、「人と話す」ことが大事だなと思う今日この頃、気になる発信をする人たちと、打ち合わせなし、結論なしでオンラインで対話する企画を「コトトバ」という名前でスタートします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。