新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

株式投資のこと:これまでとこれから

 6月2日の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前日比263円22銭(1.19%)高の2万2325円61銭で終えた。2月26日以来、実に3カ月ぶりの高値水準を回復したことになる。

 コロナショックで円建口座に大幅なマイナスが生じていたものの、本日付でようやくプラスに転じた。しかし、ここまでの道のりは、なかなかに険しいものであった。

 僕が株式投資を始めたのは2019年12月末。その当時の日経平均株価は24000円を超えるかというタイミングであり、いま振り返れば、購入したいくつかの銘柄は、かなり割高な状態であった。2020年3月、コロナショックによる暴落で日経平均株価は17000円を割り込み、当然ながら保有株式も全て元本割れを起こした。

画像1

 コロナショック以前にも、保有銘柄のうち、比較的組み入れ割合の高かったネットワンシステムズ【7518】の循環取引が明らかとなり、同社の株価が連日下落するという手痛い経験もした。

 新型コロナウイルス感染症の第二波が経済に与える懸念もまだ残っており、今後の動向に注意が必要なタイミングではあるが、短期間にこれほどまでの経験ができたことは、今後の株式投資を考えるうえで貴重な示唆となった。今後は少しずつ現金の比率を高めながら、再度訪れるかもしれない下落の局面で、優良銘柄をしっかり拾えるよう準備を進めたい。

 現在のポートフォリオは以下の通りである(2020年6月2日付 円換算評価額の割合)。円グラフにすると、巨額の資産を運用している気にもなるが、そんなことは全くない。国内株式はいずれも単元未満で買い付けている。したがって、全運用資産は微々たるものだ。

この続きをみるには

この続き: 2,360文字 / 画像9枚

株式投資のこと:これまでとこれから

青島周一

120円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
薬剤師です。本を出しました▶ISBN-10: 4822200981 noteでは医療に対する僕の考えを、科学的な根拠を提示しながら考察していきます。一部、有料テキストとなりますが、内容の質の担保、継続的な更新のためご理解いただけると嬉しいです。一般の方にも読みやすく書いていきます
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。