見出し画像

夏場、自宅のトイレには扇風機を置きます。もうそろそろ出さないと。

おはようございます。こんにちは。こんばんは

どうも。えすかるごです。

突然ですが、僕は梅雨が好きです。

雨が色んな音を包んで柔らかくしてくれるし

傘が色んなことを隠してくれる。

聞こえてた音が


聞こえなくなる


見えてたものが


見えなくなる

だから好きです。

ここから全く別のある日何となく思って
書き連ねていたことが面白かったので
それを載せます。

_________


廃墟ビルのように虚ろな毎日を
過ごしているからか、
時の経過には疎くなった。

だけど、廻りを見れば、
目まぐるしく新しい建物が建設されていて、
時の速さに焦りを感じてる。

隣の小さな中華料理屋は
どういう経緯か文房具屋になっていて、

お化け屋敷だと言われてたあのお家も
芝生の生えた小綺麗なアパートになっていた。

商店街も以前のような活気はない。
シャッターの色が虚しく浸透している。
近くに大型スーパーができたせいだろう。


変化する」という普遍的な真理を持つ世の中で
僕だけが1人取り残された気がする。

いや、違う。
自ら望んでこの場所にいるのか。

窓からの日差しが
剥き出しのコンクリートを優しく照らす。
誰かに割られたガラス、
誰かが使った温もりが残ったまま
埃を被ったデスク、
雨や湿気に彩られて
カビ臭くなった遮光カーテン、
風に運ばれた運のない桜の花びらと紅葉。


この空間だけは過去のままなのだ。
変わり続ける世の中に
変わらない変わったモノが居てもいい気がする

_________

何を言ってるんでしょうね。(笑)

僕もこの当時の自分に聞かないと分からないです(笑)
焦ってでもいたんだろう。位しか分からないです。(笑)


こうして、日にちを置いて自分の文を読み返すと
恥ずかしくてなんだか気持ち悪いです(笑)

だけど、他人(ヒト)が書いた文章にも思えて。

すごく冷静に見れるんですね。

_________

小学生の頃、好きな女の子に告白するために
夜な夜な、親の目を気にしながらラブレターを書いたことがあります。

これは良い!!!

と思うような文が仕上がり、寝床に着きました

次の日、間違いがないかもう一度見返したら

まあ小っ恥ずかしいこと。

こんなの出せるか!ってなって、
ゴミ箱にそのラブレターを出しました(笑)

結局、その子には出しませんでした。

出してたらどうなってたんだろうと
未だに考えたりもします。笑

_________

今回、この文章を書いている時に、
上記(ラブレター)の話を思い出しました。

自分の言葉を見返すと恥ずかしくなる。
このような現象を僕は

昨日書いたラブレター

と名付けることにしました。(笑)

要するにですね。

案外、過去の自分にも学ぶことは沢山ある。

ということです。
(またまとまりのない文章になった)

あの子。元気かなぁ、何してんだろ(笑)

新内さんに出した手紙。

読んでくれたかなぁ。


#乃木坂46
#新内眞衣
#感性が病気

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6
トイレのお供にでも。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。