SYNDI

日本産イラストレーター。極私的文筆家。バスルームシンガー。「物知りホイホイ」の異名を持つ。印税とおひねりで生活するのが夢。作品や色々はこちら→https://syndionda.jimdo.com/ 及び→https://www.facebook.com/syndionda/
  • エッセイの形で私見を穏便に述べる場所としたいと思っております。 乱視なもんで、モノやモノゴトが若干ゆがんで見えることがあ
    1フォロワー
  • 「モノ書くコドモ」から「モノ書くおばちゃん」に至るまでに否応なしに書いたボーダイな駄文を、モノ書くばーちゃんが読みやすい
  • お知らせや告知、ご報告などなど。
    1フォロワー
  • わたくしのオブセッションであるところの赤ずきんについて書こうと思って用意したのですが、思いが溢れすぎて放置状態になってい
    1フォロワー

自己肯定感というBuzzWordその12

2年かかることが45分でできる人   総じてコツコツ努力をする家族の中でドロップアウトしなかった理由の中に、困ったちゃんの伯父の存在があったって話のつづき。  伯…

自己肯定感というBussWordその11

真面目なやつら  あたしが育った家において、子供であった自分が、自己肯定感を育むためにエッセンシャルだった要素の3つ目、「いわゆる真面目さ」の話をします。マジメ…

自己肯定感というBuzzWord:その10

●もしもお勉強がもっとできない子だったら(後編)  父の親友が、「君のお父さんより君の良さをわかっている」と思う、と言ってくれた、という話の続きです。  その時…

自己肯定感というBuzzWord:その9

●もしもお勉強がもっとできない子だったら(前編)  その8 「うちにはピアノが二台あった」の続きです。柱のふたつめ。「フツーのお勉強」について。  自分の肯定感…

友達は心地よいとは限らない(容姿コンプレックスorigin33)

友達選ぶ権利ってあるようなないような 『親友はモテすぎる女』の続きです。リンク→ 前編、後編  その奥さんはあたしにとって数々印象的な言動を残した、つまりかなり…

母が見た夢の話

父はそれが耐えられない  あたしの母やそのきょうだいたちが夢を「お告げ」のように実生活に使っていたのは確かだと思う。母の姉妹たちは東京以外にも静岡や故郷である北…