見出し画像

忍者スリスリくんの日記 12月


12月1日
「とってもトーテムポール」、新刊もよい出来。

12月2日
なんとなく自分の目に反射シートを貼ってみたら、反射する光がなく一面の闇が広がった。

12月3日
サンリオギフトゲートへクリスマスカードを買いに行った。

12月4日
あの日の約束を思い出していた。
届かなくって、ごめんね。

12月5日
家のドアを開けたら、知らないおじいさんがテレビを見ていた。
鶏皮ポン酢が大好物!という顔をしていたが、手持ちがなかったため、とりあえず鮭の皮をあげてみた。

12月6日
起きたら、朝ごはんができあがっていた。
おじいさんのエプロンはパステルなミント色。

12月7日
ここ数日、玄関のすぐ横にやたら陽気なトナカイがいる。

12月8日
遠い昔、母上がクリスマスケーキを焼いてくれた。
あの頃はなかった鼻が、今はある。焼きたての香りを知りたい。

12月9日
道に赤いリボンが落ちていたので、トナカイに付けたら、愛らしさが増した。
増したところで何も起きなかった。

12月10日
「我関せず」の練習をした。まず”我”感を出すのに苦戦した。

12月11日
恥は忍べぬ1年であったなあ。次こそは。

12月12日
なんと今日は郵便屋さんのお引越し当日!
そして何よりも忘れてはならない、アグリークリスマスセーターデー!!!

12月13日
おじいさんが、くるぶしとレンガを戦わせている。
今のところ連敗のようだ。

12月14日
急におじいさんの霊圧が消えた。

12月15日
トナカイも消えていた。
どの足跡にもくっきりと「千利休」とエンボスされている。なぜ。

12月16日
日記も飽きたし、そろそろcroozブログを開設しよう。


============



おっかさんへ

メリークリスマス!ぼくです。

今年もクリスマスがやってきました。

引っ越してきたばかりの新しい街は、今までのところよりもずっと寒くて、雪がたくさん降っています。

おっかさんの手作りケーキ(白子バターサンド味)が食べられないのが、少しだけ残念なクリスマスです。

でも、今年のクリスマスはすごいことが1つあって、いつも親切にしてくれている郵便屋さんに、子供が生まれました。

これから、ぼくの一番の遊び相手になってくれるはずで、名前はケンタくんといいます。

まだまだ赤ちゃんだけど、きっと郵便屋さんによく似た、優しくて頼もしくてちょっとだけ食べ物の趣味が変な、いい子に育ってくれると思います。
(郵便屋さんはズッキーニ1本に対してキューピーマヨネーズを8本使います。)

それでは、よいクリスマスを。そして良いお年を。
盆には帰ります。

いつまでもあなたの忍者
スリスリ


============


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
これからはこっちに書いていくんだ。だからせっかく来てくれたのにごめん! https://suzuri.jp/surisurikun/journals

こちらでもピックアップされています

忍者スリスリくんの日記
忍者スリスリくんの日記
  • 6本

徒然なるままに、日暮らし、ホニャララカンカン。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。