見出し画像

好きな言葉を

2020.1.13

綴る人というのは、ほんとうに近年のSNS文化の成熟ぶりのおかげで、追いかけやすくなりました。
追いかけるというか。

上等なワイン、とか、新鮮なお寿司、というより、毎朝の珈琲、とか、納豆ごはん、みたいな距離感で好きだなあという方と新年早々の営業でお話しできて嬉しかったです。
いや一度だけ来ていただいたときに、すごいお話が楽しくて、その方が綴るタイプの方でしたので楽しみに彼女の言葉を追いかけていたのです。
(両思いだったことが判明しました)

移住したいってのはほんとにほんとなんですけど、まだまだわたしはここがホームやなあと名古屋から帰って思っています。
ここで足腰しっかりして、ほいで卒業できなくちゃ。
新年幕開けからはご馳走つづきだったもんな。

おうちに帰って、ゴロンゴロンして、のんびりしている猫と寝落ちしたりして、帰ってきてからはすこしゆっくりしています。
明日からはたぶんまた、すごい作る。予感。
なぜってお店が休みだから。
途切れずつくり続けられるから。

エンジンがかかってからが異常に長いのかもしれんなと思っています。
年末年始で一回エンジン落としたかんじ。
燃料は満タンでありますので、また始動。

ここから久しぶりに出張がほとんどない一か月。
やりたい放題だなあ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
京都は東山五条のあじき路地で手製本でノートばっかり作っている製本家です。 こちらにはホームページにあるブログのなかから、 ちょっととっときたいなって文章を中心にのせたいと思います。 http://suzumeya.net
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。