見出し画像

たいへんだたいへんだ

2020.1.6

みてこれ
ORITOのみーしゃんが僕が染めた布で照明折ってくれてcalmglassの中條パイセンとのインスタレーション空間に飾ってくれたのみてこれすてき

マーブリングのまいひゃんとのも、アトリエコードさんとのも、嗚呼化学反応とみんな呼んでも差し支えない。
あーなんだこの多幸感は。

あときょうはね、なんかすごい会話をした。
帰ったらやりたいなとおもってたことをほぼ寸分違わず一緒にやりましょうわたしも同じこと考えてましたっていってくださる人と話した。
両思いっていいな。いいないいな。
いま名古屋のラシックも存分に楽しんでおりますけれども帰ってからも楽しいな。
こもって作るのも嬉しいもんな。
帰ったらすぐ作るだろうな、あー。

こもって作るの。
作家仲間がたくさんいてたくさん話せる会場ですが、こうやってでてくるのももちろんだけど引きこもって作るだけの日々が最高に幸せって話していたおねえさん。
同感ですとか言ったんだけど長さが違った。
おねえさんは百貨店とかのポップアップで集中してギャッと稼いであとはお店もしてなくておこもりでひたすら作るタイプのひとなんですが、ある時2ヶ月ほどそんな日々を暮らしたそうで、そのときはもうずーっとお化粧もせずまともにお外に出たりもせず、最終的に仙人みたいになってたそうです。
や…やってみてえ〜。
わたしはそんな時間作れるのできて丸一日とかなので、めっちゃくちゃ羨ましかったです。
せめて一週間とか作るだけで過ごしてみたいな。
そんなの戻ってこれるかな。

今年は免許を取りたいのです。
合宿免許でとりたいのです。
もちろんそのほうが格段に安いってことも大きいんですが、場所が選べるでしょう。
イーハトーブにいって仮免とりたい。
そしたらおこもりみたいに平日は作れるかな。
おやすみの日がちゃんととれるよな。
いや勉強にゆくのにとれるのかな。
でももっていこうな。

平日はお勉強して、三食食べて、眠くなるまで作って、おやすみの日はいっぱいうろうろして。
いつか大型もとりたいのです。
移動図書館みたいに、移動本屋さんみたいに、大きいトラックでノートを売り歩きたいな。
すみかはもちろんイーハトーブで、古いおおきなおうちに住んで、作って作ってくらす。
そんな日々が手に入ったら嬉しい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
京都は東山五条のあじき路地で手製本でノートばっかり作っている製本家です。 こちらにはホームページにあるブログのなかから、 ちょっととっときたいなって文章を中心にのせたいと思います。 http://suzumeya.net
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。