初めてUber Eatsを使ってみた
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

初めてUber Eatsを使ってみた

コロナ禍だからという訳でもないが、最近事務所がある横浜市青葉区でも頻繁に見るようになったUber Eats。私の場合は特に必要は感じてないが、緊急事態宣言で夜の外食がほぼ出来なくなった商店街を目の当たりにした事と、今日が一粒万倍日だというので、初めてUber Eatsを使ってみる事にした。

アプリをインストール

まずはUber Eatsアプリをインストール。アカウント登録などひと通り終えて、この地域のどんなお店から届けてもらえるのか見てみる。最初に見たのが10:00台だったせいか、意外と選択肢が狭かった。11:30頃に見ると、さっきよりお店が増えてる。開店したと言う事のようだ。

画像1

いよいよ初Uber Eats

11:50。お目当ての店には「近くに配達パートナーがいません」と表示され、注文出来ない状態なので、次に目に付いた市が尾の海鮮丼のお店から商品2つを注文する事にした。支払い方法は追加したpaypayで。
どれくらいで届くかは到着予定時間として表示されている。
この時、到着予定時間は12:15。もっとも遅い到着予定時間というのも表示されていて、12:30だ。

画像2

画像3

3日前から始めた18歳の女子

配達する人が誰か事前にわかるのは新しいと思った。顔写真まである。届けてくれるのは3日前からUber Eatsを始めた18歳の女子!自転車で運んでくれるらしいが、市が尾からここまでは、結構な上り坂がある。ちょっとだけ心配になる。がんばれ!

あと5分で届きます

サポーター(配達する人)が今どこを走っているかはアプリ上でわかるようになっている。お店で商品を受け取ってほどなくして家の前の道に出たのをスマホで確認。なんせ、初めてのUber Eats。ずっとスマホを見ている。徐々に近づいてくるサポーター。あと1分。

Uber Eatsがやってきた!

12:40。初めてのUber Eatsが到着した。注文してからの時間は50分。結構かかったが、ほぼゲームのように楽しんでいたので時間がかかった事は何も感じなかった。それより、よくがんばって届けられたね。ありがとうって気持ち。

画像4

さて、頼んだのはどん丸丼と魚がし丼。どうだったって?とにかく旨いの一言。家にいながらにして最高のお昼になりました。

一粒万倍日に始めた事、もう一つ

最初に今日が一粒万倍日だからUber Eatsをやってみたと書いたが、もう一つ始めたことがある。このNote、これが最初の投稿だ。新しいことを始めるのがいいといわれる一粒万倍日。さて、どれほど大きくなるでしょうか(笑)。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
サラリーマン〜フリー〜法人化して27年目。世の中が楽しく明るくなるデザインを撒き散らしてます。 https://magic-design.org/