見出し画像

辿り着きし沼

初めましての方は、初めまして。そうでない方は、こんにちは。

とある方のブログに触発されて、書きたいことが出来上がったので書こうと思います。あ、ブログを続けるかは分からんですけど。

ちなみに今から書く内容は、あるドルヲタの頭の中を大真面目に書いた内容になります。当然のことですが、

気持ち悪いです。

それでもいいよーって方はこの先を読み進めてください。そうでない方は、またご縁があったら。

さて、皆さんもご存知のように昨今の情勢から外に遊びに出掛ける、なんてことはいつになったら出来るのか分からない時勢となりました。

かくいう私も、趣味であるパチンコとか「お風呂屋さん」巡りだとか、カフェ回りだとか、バーでの飲食とか…
ことごとくの趣味を潰されました(かれこれ1ヶ月以上この手の趣味を「自粛」しています)。

ですが、仕事柄、勤務自体はいつもと変わらず続いており、仕事は変わらず、休みが大幅に制限される、という日々が続くわけですね。こういう方は私以外にも多数いらっしゃると思います。

んで、私も、私以外の方々もそうだと思うんですが、

めっちゃストレス溜まりません?

私はストレスMAXです。そりゃそうですよ。仕事とのバランスを取る種々の趣味が出来ないんですから。体は休めても心は休めないんですよね。
Twitterを開いても、ネガティブな話ばかり。TVを見てもそう。唯一ラジオを聴いてる時はだいぶ落ち着いてられますが、ラジオだけで全てがクリアされるわけでもなく。

何かこう、決定打的なモノが欲しいんですよ。競馬で言えば「追い込んできてソコソコ良いとこまで来るけどジリ脚だから勝ちきれない」みたいな感じなんですね。

今まで自分が参ってたときって大体この人に助けてもらってたんですけど

この人も最早人妻ですからねえ…(勿論衛藤さんのことは変わらず大好きで愛してますよ❗️ただ、人妻相手に癒しを求める妄想を展開するのは難しい体質らしく…)

そう、癒しを求められる存在がほしい❗️もっというとエロいこともエロくないこともイメージできて一人でお手軽にでもしっかりと精神をチャージできる妄想の相手がほしい❗️

このやり方にハマると抜け出すのが大変だけれど、今の状況はそんなことも言ってられない位精神衛生によくない。というか、こういう形でアイドルに頼ろうとしてるときは自分の経験上精神衛生がよろしくない時(横山さんにハマったとき→失恋ショック 乃木坂及び衛藤さんにハマったとき→卒論書き上げ後の電池切れ)なので、両刃の剣のような気もしますが、そんなことは後で考えればいいんです❗️(よくない)

てなわけで、新たな依り代というか支え木を探そうと思ったんですね。幸運なことに我が家でもTVでYouTubeが見れるようになったので、まあ「禁則事項です」的なやり方で色んなものを探すことはできます。しかも家にいてやることないし。

そんなとき、ふとあることを思い出しました。


「そう言えば江國香織が好きとかいう文学部でぶりっこの宮田愛萌ちゃんという子がいたなあ…」

江國香織は私も3本の指に入るぐらい好きな作家、そして私も文学部の出身。気にはなってたけど、あまり手を出してなかったこの子の動画でも見てみるか。
んで、その結果

ものの見事にハマりました。

なんでなのかは説明がつきません。ただ、元々あった共通項がかなりポイントが高かったことは確かです。そして所謂ぶりっこ具合が私的にドストライクだったのも確かです。お辞儀も凄くきれいだったのもポイント高い。目力強めなのも滅茶苦茶ポイント高い(横山さんも衛藤さんも目力強め)。

気がつけば4月初旬にはトークを取り、開始1週間でレターを2通も書き上げて送っていました。だって雨月物語の良本の在処をちょこっと調べるのとか出来るんだもん。力になれることなら力になりたいじゃないですか。

しかも送られてきた動画が可愛いんですよ。ええ。いや、なんてことない動画なんですけど、めっちゃ可愛いんですよ。

自分はハマったアイドルの子を頭の中で住まわせるという悪癖(?)があって(先述の妄想云々はこれの応用)、まあそこに宮田愛萌ちゃんも入ってきたんですよ。いかんせん衛藤さんの結婚以降、ここのポジション空位だったんで、速攻でハマりましたね。

んで今は先達のおひさまの方々の指南を受けながら楽曲ちょこちょこ聴いたり、「禁則事項です」で動画を確認してたりするわけですね。ええ。確実に体が浸かっていく感覚があります。沼に。

正直、現場に出るかどうかは分かりません。元々在宅で自由に楽しむタイプのヲタクですし、また山口という地方住まいで、不規則な休みの仕事をしてる以上、現場参戦そのもののハードルが高いのも事実です。福岡とかであるイベントとかは行きやすいですけど。ただ、愛萌ちゃんは一度直接お話ししたいなあと強く思っています。ヲタクとしてよりは同好の士としての感情かもしれません。

まあ、今の情勢だといつ現場が復活するのかすら不透明ですが。

ただ、日向坂という箱そのものに大きな魅力を感じているのも確かです。面白いし、個性的だし、何より皆可愛くてよく笑っている。
可愛い女の子達が楽しそうにニコニコしてるってのに勝るものは無いんですよね。そういう観点で言えばMVも凄く好きです。楽曲も好きです。何なら今「JOYFUL LOVE」をずっとリピートで聴きながらこの記事書いてますし。

もしかしたら乃木坂の時のように、あるタイミングでフッと箱へのモチベが消えて、推しが卒業すると同時にほとんど見なくなるのかもしれない(今の乃木坂には今の乃木坂のよさがあると思いますよ。私は合わなかったってだけで)。

もしかしたら今は見えてないヲタクの色々醜いところを見て「うわぁ…」ってなるのかもしれない(ぶっちゃけ乃木坂はそうだった)。

先のことは分かんないです。けれど、確実に参ってた心に少しでも光を当ててくれたのは愛萌ちゃんや日向坂のように思います。

陸に上がったつもりでしたが、また再び沼へと潜る時が来たのかなあとちょっと思いながら。でもそれは「よし❗️潜るぞ❗️」ではなく、潜れる深さを図りながら。
この暗い情勢を乗り越えていこうと思います。正直僕もいつまで普通に勤務できるかわからんですし。

てなことを書いてたら、2、3日前に

いや、なんですかこの「アンタ、自分の推し誰だか分かってるよね?」的なタイミング
※インスタライブは全編飯も作らずリアタイで参戦しました。

いや、衛藤さんのことは衛藤さんのことで大好きだし、愛してるし、今でもNo.1の女性は誰かと問われれば間違いなく衛藤美彩と答えますからね?衛藤さんのヲタクをやめる気は毛頭ないですからね?

二足のわらじでヲタクの道を進むこととなりそうですが、まあ、マイペースでやっていこうと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。