見出し画像

【最終回】父が忘れていくことを、私は忘れないでいたい

昨年よりおよそ10ヶ月間、cakesで連載してきたエッセイ【時をかける父と、母と】ですが、本日、最終回を迎えることとなりました。

施設に入所して1年が経ち、コロナ禍に突入して変わったこと、変わらないこと、今の父について書いています。

今、お父さんどこにいるの?と聞かれたら、
「アメリカにいるみたいです」と答えます。

認知症、介護、その言葉には「大変だね」がつきものだと思う。
だけどこのエッセイを通じて書きたかったこと、そしてこれからも続けたいこと、そんなことについても最後に書いています。


また、感想をいただけたら本当に喜びます。どんな方が読んでくださっているのだろう。当事者家族のかただろうか、あるいは特にまだ思い当たるものはないけれど、漠然と備えたいというひとだろうか。

父の記録はこれからもつけ続けていきます。が、ひとまずの一区切り。

見守っていただいたかた、ほんとうにありがとうございました。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

『スキ』をしていただくとあなたにおすすめのチェコをランダムにお知らせします。 サポートいただいたお金は、チェコ共和国ではんこの旅をするための貯金にあてさせていただきます。

あなたにおすすめのチェコは『ミクロフ』。聖なる丘の絶景を見よ
66
はんことことば あまのさくやです。1985年生まれ。チェコ親善アンバサダー。ラジオ好き。若年性認知症の父と、がんで逝った母についてのエッセイ「時をかける父と、母と」をcakesにて連載していました。お仕事依頼はこちら→sakuhanjyo@gmail.com