草野球の日

衣笠さんと

きょう9月3日は「草野球の日」。

まず、誰も知らないでしょうが、そこがまたこの記念日の、らしいところでしょうか。(笑)

お察しの通り「9・3=くさ」の語呂合わせで、勝手に「草野球の日」に制定したのが1994年のこと。
そして翌年のその日に、手づくり野球場「ドリームフィールド」を完成させてお披露目したのでした。

つまりは、記念日を制定しその日の完成を公言することで、球場づくりの励みにしようという、さもしい魂胆から生まれたシャレでした。

このシャレに「日本記念日協会」という、こちらもシャレでやられていたらしいところが「正式」に登録してくれて、一時は一部で話題になったものでした。(笑)

開会式

おかげ様で野球場はめでたく完成し、自前の球場をもてた僕たちコーンズは、毎年その前後の日曜日に「草野球甲子園」というイベントを開催していました。
大会の名誉会長は、衣笠祥雄さん。趣旨に賛同して快諾していただきました。

全景

そのグラウンドでの遊びも2006年に終わり、必然的に大会も無くなりました。
さらに衣笠祥雄さんも鬼籍に入られたりと、野球の匂いが周りから希薄になって寂しさもひとしおではあります。

あのグラウンドで共に遊んだひとびと。草野球甲子園で愉快な思い出を共有した参加者の皆さんが、楽しかった記憶の断片だけでも留めておられれば幸いです。

女性選手

こども


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。よろしければシェアもお願いできれば幸いです。
1
手作り野球場DREAMFIELD元管理人。ホーリー農園オーナー兼物書き。主な著書に『わしらのフィールド・オブ・ドリームス』(メディアファクトリー)、『衣笠祥雄はなぜ監督になれないのか?』(文工舎)、『初優勝』(プレジデント社)、『ズムスタ、本日も満員御礼!』(毎日新聞出版)など。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。