見出し画像

「過去未来報知社」第1話・第4回

--------
☆全文無料でご覧いただけます☆
--------
「私は西畑真美。この課の経理を担当しています。
 と言っても、たった三人の部署だからね~。
 二階の戸籍課と兼業なの。だからここにはあんまりいないかな」
「今日は新人君の書類の手配があるから来てもらってたんだ」
 手鏡を下ろすと、東田には笑美の顔をのぞきこんだ。
「で、君は?」
 毛布を蹴って立ち上がる笑美。
「右輪瓜笑美です。24歳、独身。雑誌の求人広告を見て応募させていただきました!」
「うん、よく見つけたね。あんな小さな記事」
「広告費があれぐらいしか出せなかったんですよね」
「本当に、偶然で……」
「しかも、こんな田舎に」
「田舎って、本郷まで電車で一本じゃないですか」
「隣の駅で急行に乗り換えれば、ね」
「来てもらってなんだけど、うち、役場の中に居を構えているけど、実は役所の下請け企業なんだってことは、わかってる?」
「はい、応募のお電話をさせていただいた時に、伺いました」
「あ、その電話にでたの、私ね」
 身を乗り出す真美に笑美はギクリ、と体をすくませる。
「あ、あの、私、失礼とか、なかったですか?
 電話って緊張しちゃって、変な声でちゃうし」
「そうね。ちょっと電話してきたときと感じが違うかな~、と思ったけど、別に失礼なことなんて、ないわよ。むしろ、この変人東谷に任せていいものか、って悩むわね」
「失礼だな。僕みたいな常識人は、そうはいないよ」
「よく言うわ。私がここにいなかったら、蓑虫のままこの子をここに転がしてるでしょ?」
「あったかそうでいいじゃないか」
「こんな風に常識のたがが一本はずれちゃってる人だからね。
 困ったことがあったら、私に言ってちょうだい」
「今、まさに困ってるんですが……」
「それは、まぁ、おいおいね」
「そうそう、今、うちいはそれどころじゃなくてね」
 曖昧に笑うと、東谷と真美はおばちゃんのように手をばたばたと振った。
「それどころ……」
 衝撃を受ける笑美を完全に無視すると、東谷はやけに分厚いファイルを取り出した。

>>次へ
https://note.mu/su_h/n/nd3c76ca60a6c
--------
(「ノート購読」は「投げ銭」扱いで設置させていただきました。
 全文無料ですので、今回の連載はここまでですが、
 投げ銭いただけますと、作者のモチベーションが更にあがりますw)
--------

この続きをみるには

この続き: 0文字

「過去未来報知社」第1話・第4回

涼廣

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
本と音楽が好きです。