スウェディッシュマッサージの紛らわしい歴史とは?
見出し画像

スウェディッシュマッサージの紛らわしい歴史とは?

studytour


 スウェディッシュマッサージ(スウェーデン式マッサージ)の歴史はどこからきたのでしょうか。スウェディッシュマッサージは、今日、世界中で最もよく知られたマッサージの一つです。セラピストは少量のオイルを用いて筋肉の緊張を無理なく緩め、血液循環を促進し、心と体の両方の緊張とストレスを軽減して全身の健康状態を高めます。この素晴らしい技術が体系化されたのは1800年代でした。実はスウェディッシュマッサージとスウェーデンは関係ないかもしれません・・・???

 スウェディッシュマッサージの一連の手技は、1868年頃にオランダ人医師Johann Georg Mezger (1838-1909)ヨハン・ゲオルグ・メズガーによって発明されました。しかし、今日スウェディッシュマッサージを発明したとしばしば耳にするのはPer Henrik Ling(1776-1839)パー・ヘンリック・リンです。この歴史的な混乱がなぜ起こったのか、2人はどのような人物かを辿って調べてみましょう。

メッツァー

Johann Georg Mezger (1838-1909)ヨハン・ゲオルグ・メズガー
スウェーデン式マッサージの真の創設者は、オランダ人の医師ヨハン・ゲオルク・メズガーーです。メズガーも又、パー・ヘンリック・リンのように、体操に興味を持っていました。彼はアムステルダムのウェスターマルクトにある体操施設で定期的に練習していました。体操研究所は、脊柱側弯症やその他の骨格変形の治療における医学の進歩で注目され、メズガーは、有能な体操選手であり生理学の才能ある理解を持っていることで知られていました。彼はライデン大学で正式に医学を勉強するように勧められました。
メズガーは、1868年、彼は博士試験に合格して医学研究を完了した後、軽度の捻挫のある患者に対して力強い(そして痛みを伴う)摩擦マッサージを提唱し、「摩擦によるディストリオ・ペディスの治療」に関する47ページの論文を書きました。

 またメズガーは、スウェディッシュマッサージの治療基盤として役立つであろうフランスのマッサージ技術と医学知識を活用し、現在も使用されている患者を治療するための5つの治療技術のシステムを開発しました。メズガーが開発したスウェーデン式マッサージの5つのテクニックは次のとおりです。

Effleurage- ロングストローク
Petrissage- 筋肉の混練
Friction - 摩擦の強い、円形の摩擦運動
Tapotement - タッピングまたは打楽器の動き
Vibratoin - 特定の筋肉を振動させる

1871年までに、Mezgerは医師としての高い評判を確立し、彼のサービスはヨーロッパの王室と貴族階級から絶えず人気がありました。彼は、重度の股関節損傷を負ったスウェーデンのキンググスタフ5世に、複数回のマッサージセッションを行い、10日間で機動性を回復させたことで国際的に有名になりました。最終的にアムステルダムを去り、パリに定住し、1909年に71歳で亡くなるまで過ごしました。

画像2

Per Henrik Ling(1776-1839)パー・ヘンリック・リン
リンは、1766年にスウェーデン、スモーランドのソドラルンガで生まれました。両親は、牧師のラースピーターリンと、ヘドヴィグマリア(ヘッダ)モリーンです。彼の家系図は16世紀にまでさかのぼり、母方には人間のリンパ系を発見した有名な科学者オロフ・ルドベック(1630–1702)がいます。彼の曾祖父は105歳まで生きた長寿で、17人の息子と2人の娘がいました。   リンは、1792年にベキョー体育館を卒業後に1793年からルンド大学で神学を学び、1799年にウプサラ大学で学位を取得しました。その後、いくつかの家族の家庭教師として働いた後、1800年にスウェーデンを離れ、7年間海外を旅をしました。コペンハーゲン大学で現代言語を学び、ドイツ、フランス、イギリスを訪れ、デンマークの船に乗船し、ボランティアとして海戦にも参加しました。また、ゲーテとシラー、エッダ等の北方神話を研究し、スウェーデン語、ドイツ語、フランス語、デンマーク語でオリジナルの詩を作曲しました。そしてフランスのエミグレの学校でフェンシングを学び、運動が彼の腕の痛風に良い事に気づきました。財政難とリウマチにより、彼はスウェーデンに戻る事になりましたが、リンは彼の新たな才能に情熱を持っていました。そして彼は、フェンシングは身体の治癒にフィットネス運動が重要な事を発見しましたが、それだけでは体を癒すことができないことにも気付き、身体をなでる、押す、こねるという一連の受動的な動きを始めました。リンは、若さにもかかわらず、リウマチ、腕の通風や肺疾患などの身体的問題に苦しんでいたのです。最終的に、彼は能動的な運動に加え、なでる、押す、こねるという受動的な動きが彼の健康に良い影響を与えたと感じました。
 彼はヨハン・クリストフ・フリードリヒ・ガッツムースの青少年のためのフック体操(吊り輪)を読み、デンマークの体操の創始者であるフランツ・ナハテガル体育研究所に参加しました。研究所では、フェンシングを含む毎日の運動が行われており、リンは、そこで学んだ後、1805年にルンド大学でフェンシングの達人として任命されました。毎日の運動で健康が回復したことを発見したリンは、この経験を他の人のために応用することにしました。彼はこれらの技術を適応させて多くの状況でより良い健康を促進する可能性を発見し、解剖学と生理学の授業に出席し、医師の研修のためにカリキュラム全体に参加することで知識を拡大しました。彼は医学生理学、解剖学、および他の形式の運動、特にデンマーク体操のフランツナハテガルのシステムを研究しました。これらの研究を通して、リンは最終的に運動と体操のシステムを開発し、これを「医療体操」と呼びました。

 「医療体操」には体操、ストレッチ、いくつかのマッサージ技術が含まれていました。1813年、王立中央体操研究所を設立し、彼のシステムは全国的に認められ、1835年には、スウェーデン王立アカデミーに選出されました。スウェーデン王立アカデミーは、スウェーデンの学者に授与される最高の名誉です。リンは、1839年に結核で亡くなりましたが、彼の遺産は、特にマッサージ療法の歴史において生き続けており、理学療法のパイオニアと言われています。

混乱の原因
 以上のように、スウェディッシュマッサージ(スウェーデン式マッサージ)はスウェーデン発ではなく、スウェーデン人によって作成されたものでもありませんが、なぜこのような混乱が起きたのでしょうか?

 メズガーが発明したマッサージテクニックの5つの技術はフランス語の用語を使用しており、フランス語の翻訳が混乱の原因と言われています。第二次世界大戦前、フランス語は西洋世界の教育を受けた人々の共通言語でした。当時、本をフランス語に翻訳することは一般的な習慣でしたが、必ずしも他の言語に翻訳する必要はありませんでした。 2回目の翻訳が続いた場合、本の元の言語ではなく、フランス語から翻訳されることがよくありました。メズガーのマッサージはフランスのテクニックに基づいており、彼のマッサージテクニックの名前もフランス語の用語を保持していました。

 一方、1885年に執筆したジョージテイラー医学博士は、スウェーデンの体操システムにおいてリンが使用する受動的な動きとして、「拍手、ノッキング、ストローク、こね、引っ張り、揺れ、振動」という用語を使用しています。スウェーデンの体操運動におけるこのマッサージのテクニックのリンの説明を翻訳するためにも、一般的な用語が使用された事でメスガーのマッサージシステムのフランス語の用語は、リンのスウェーデン体操で使用されていた説明と切り離せなくなりました。そして時間が経つにつれて、マッサージ療法の教科書はこの誤った名称を印刷し続け、混乱の一因となったのです。

  しかし、この言葉による混乱は、メズガー、リン両者の健康への貢献を疑うものではないことは確実です。


Farzin Rastgar. "Who Invented Swedish Massage". Step Above Massage.   https://stepabovemassage.com/who-invented-swedish-massage/、(2020/12/2) 

Peter J. LaGrasse. "Historic Overview of Massage and Related Therapies". Historic Overview. https://lagrassemassage.com/history.html、(2020/12/2) 

"History of Swedish Massage”. Most Inside. https://www.mostinside.com/history-of-swedish-massage/、(2020/12/2)  

"Den svenska massagens historia". https://axelsons.se/den-svenska-massagens-historia/、(2020/12/2)

"How did Swedish Massage get its name?".    AMCollege.  https://www.amcollege.edu/blog/dutch-origins-of-swedish-massage-amc-miami、(2020/12/2)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
studytour