ご縁がありまして(AD竹之内)
見出し画像

ご縁がありまして(AD竹之内)

はじめまして。ご縁があり、今回studio BBでアートディレクションを担当する事になった竹之内佳和です。
仕事の内容としては、主にコンセプトアートや背景、アセットデザインなどの制作に参加しています。

studio BBのスタッフとはご縁がある方が多く、社長の武内さんとは“Fate/Grand Order”で、スタジオディレクターの新納さん、シナリオライターの塚田さんとは“ドラゴンクエストビルダーズ2”でと、なにかしらのプロジェクトでお仕事をご一緒させていただきました。

業界にいると、結構ご縁のある方とばったり現場で再会することがあるのですが……このパターンは想定していませんでした(汗)。
こういうご縁もありますので、どんなときでもちゃんと仕事をしないといけないなと感じる今日この頃です。

では、せっかくですので“Fate/Grand Order”でさせていただいたお仕事の中から、いくつかアートを紹介させていただきます。

画像3

こちらのアート群は第2部 第4章 ユガ・クシェートラ編のラフ絵になります。
制作当初はこのようなアートを描きつつ妄想を膨らませて、シナリオライ
ターさんといろいろな設定を膨らませて制作させていただきました。

画像3

こちらのアート群は、第2部 5章 アトランティス・オリュンポス編の室内・アセットラフになります。
制作当初から前後編にわたった設定がありましたので、デザインラインの振れ幅についていろいろと遊びを入れたいと考え、シナリオライターさんと相談した記憶があります。

画像3

こちらのアートも第2部 第5章 アトランティス・オリュンポス編で描かせていただいたアートになります。
制作自体はずいぶん前なので、かなり記憶もおぼろげな部分もあるのですが、盛り盛りのノリノリで描かせていただきました(笑)。
大きく描かれているクリスタルっぽい山は、オリンポス山をイメージしたものだったりします。

現在担当させていただいているプロジェクトも、新納さんと話をしながら妄想を膨らませて、仕様が固まったものは、今回紹介したようなコンセプトアートとして何点か描かせていただいている時期になります。

緊急事態宣言の影響もあり、リモートでの打ち合わせやアート作業になっていますが、比較的落ち着いて制作が進んでいます。

皆様に楽しい体験をお届けできる日を楽しみに、スタッフ一同、鋭意制作に励んでいます。
作品が完成した際は、機会がありましたらお手を伸ばしていただければと思います。

竹之内 佳和/art director

studio BBは、TYPE-MOONが新たなゲーム開発に挑戦するために設立した新スタジオです。 https://typemoon-bb.com/