「絶対の自信」ではなく「なくならない自信」
見出し画像

「絶対の自信」ではなく「なくならない自信」

ライターの仕事は天職だと思っている私。

こう書くと、自慢げと勘違いされるかもしれないけれど、文章に関してだけは不思議と心の根底から自信をもっていて、「文章に関して自分に不可能はない」とどこかでいつも思っている。

仕事では、もちろん苦しむし、試行錯誤の連続。ものによっては「どう書いたらいいじゃろのう」と長い時間悩むときもあるし、本当に難しい原稿にぶちあたって、途方にくれたこともある。。

でも、「書くのが不可能」とあきらめたことは、これがないんだな。

文章に関してだけは、どんなに苦しんでても、

「この不可能を可能にするのがプロってもんよ」

「私の文章に不可能はない。絶対仕上げる」

と、心の奥に決してあきらめない自分がいる。

それは、絶対の自信というより、なくならない自信。

「書くことについては、私がトップよ、えへん」とふんぞりかえるような膨大なものじゃなくて、

「自分は書く」というごく小さなもの。

この自信がいつも心の奥にあるから、私は書き続けている。



ブログもいろいろ更新中です。
メインブログ「フリーライター00ai」:http://startofall.com/
石ノ森マニアクス:http://ishinomori-maniacs.com/
ジョイフル・クラシック:http://joyful-classic.com/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
たおり あい

サポートでいただいたお金はライターとしての活動費に当てさせていただきます。ありがとうございます!

ライター/ 作家 映画や文具の取材、執筆が得意。ヴァイオリン弾き。仕事の依頼はstartofall@gmail.comまでご連絡ください。ブログ:http://startofall.com/