ん?厚生年金保険??

ん?厚生年金保険??

社労士事務所勤務スタッフ

どうも。久しぶりのスタッフAです。

あっという間に夏が過ぎました。

もう秋ですって。恐ろしいですね。

怒涛の夏が終わり、何の気無しに朝のニュースを見てたら秋の味覚、くりの紹介してまして、それがまた「厚保くり」っていうんです。

有名な山口の栗らしいんですがね、もうアレですね、普段頭の中いろいろ駆け巡ってる私としては一発見た瞬間、「厚生年金保険…くり?」みたいなわけわかんない変換が起こるわけですね。

どんな栗だよ、と。

今こんなに、こーんなに給料から差し引かれてるけど、将来あんましもらえないかもしれない…栗?

いや、どんな栗だよ!と(笑)

「あつくり」という有名な栗のようですよ。地名なんですね、厚保、というのが。

え?ま、まさか…

健保っていう地名もあるのか?!

※んなわけあるかい!

厚生年金保険って、健康保険よりずっと低いところで上限定まってますよね。ざっくり言うと稼ぎ650,000円前後が最高水準で、59,475円です。

このあたり、どう解釈したらいいんでしょうね?言うても年金は、個々人の老後の話だから、そこは寿命とか、それまでの生き方による部分が大きい。言うなれば、自己責任の要素もある程度あるから、ひとまず回せそうなところで線引きしてるんですかね。

でも健康保険は、みんなが平等に病気になる可能性もあるし、そこは補い合わないと働き手がいなくなって社会が回らないから、収入に比例した形で負担してもらいますってことなんでしょうか。

どちらの制度も、会社が保険料の半分もってくれるなんてすごいですね。会社が社会の中で担う役割ってすごいなぁ〜(重ね重ね言ってますが、ほんと、今更😭)

スタッフA、稼ぎのない学生中は免除してもらってました国民年金保険ですが(そんなもん働いてないやつに払えるわけないやないかい!と思ってた)、さかのぼって払った方がいいとかなんとか聞きながら数年(数十年?)放置…

結局いくらもらえる予定なんだっけか、今のところ??なんてことも全然知らぬまま…どこかで、寿命長くなるのもまた不安とさえ思っている自分がいます。まずは年内に健康診断かな?

あれ?やっぱり切っても切れないのね、厚保と健保😲

皆々様が健康でないと、社会全体が成り立ちませんね、これ。

そんな思いと裏腹にガタがきまくっているA、オリンピック選手でもなんでもないけど、日本のために頑張る!と、そっと自分を鼓舞する祭りの後でございます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!