SQUA的連載コラム

60

vol.023 ドゥナン日記2

春休みに娘と訪れた日本最西端の島、与那国(ドゥナン)島でのできごと。 2日目の朝は、昨年撮影の仕事でお世話になった「ちまんま広場」へ乗馬体験をしに行ってきた。久しぶりに再会する西山夫妻と、初めて会う娘の礼ちゃんの醸し出す穏やかな雰囲気は牧場全体を優しい気で覆っていた。 動物好きな…

vol.022 ドゥナン日記1

春休みは、娘と一緒に2泊3日で与那国(ドゥナン)島へ行ってきた。娘にとっては初めて、そして私にとっては約一年ぶりの与那国島だった。 与那国島は、日本の最西端に位置する島で、石垣島からは飛行機で約30分。フェリーよなくにが週に2便就航していてそちらは約4時間かかる。 数年前から度々訪…

vol.021 ささやきはヒスイ色

ここ数年、毎年春になると、浮世離れした気分にさせてくれるヒスイカズラの花を観に、石垣島の川平にある石垣島サイエンスガーデン(川平ファーム敷地内)へ足を運んでいる。 Strongylodon macrobotrys と何だか呪文のように長い学名を持つこの植物は、和名をヒスイカズラ、英名をJade Vineといい、原…

vol.020 喫茶あくび

石垣島の北部、野底にある野菜料理をいただくお店「喫茶あくび」へ娘を連れて行ってきた。 昨年の11月ごろにオープンして以来、知人や友人が色とりどりの野菜料理が盛られたプレートの写真をSNSなどで紹介していて、見ているだけで元気が湧いてくるようなその色鮮やかなプレートを綺麗だなと思いなが…

vol.019 いとこ

東京で暮らす姉には息子がいて、私の娘と同級生。早生まれだから、娘より少し幼く感じるところもあるけれどお互いに一人っ子でマイペース。幼い頃は会えば喧嘩ばかりして姉も私もグッタリしていたが、大きくなるにつれ、喧嘩もするけれど楽しそうにじゃれ合って遊ぶようになり、春休みや夏休みを利用し…

vol.008 あの夢の、その先

林の中に独り。 さまよい歩き続けていると、突然景色が開けた。目の前には澄んだ湖が広がり、その中央にちいさな地蔵が佇む。湖の向こうには壮大な山が望み、その木々1本1本がキラキラと陽を揺らしている。 その光景を最後に目が覚めた。 琉球舞踊家の福島千枝さんが、14歳の頃だ。 そのあまりの…

tram po line 013

Naha , Okinawa 2021 【大城 亘 プロフィール】 写真家。沖縄県糸満市出身。東京代官山スタジオ勤務後、写真家大森克己氏に師事。2006年独立。2011年より故郷沖縄に拠点を移し、様々な媒体で活動中。

vol.018 記憶と視覚

小学5年生の頃だったと思う。色鉛筆や絵の具で道端に咲く草花をスケッチすることがマイブームだった。学校での休憩時間などにも校庭の隅に咲く草花を摘んできては、机に絵の具のパレットを広げて夢中で描いたりしていた。ある日、次のクラスの始まりを知らせるチャイムが鳴ると、絵を描いていた私の前…

vol.005 『もようがえ』

深夜にひっそり、なるべく音を立てないように、クイーンベッドを解体して、隣の部屋へひとりで移動する。 音が立たないわけない行為だが、快感を得るためには時や状況は選ばない。 隣に運ばれたベッドを再び組み立て、作業で酷使された体を、見事に設えられたベッドに委ねた時の僕の気持ちになってい…

vol.017 ガールズファイトクラブ

物心ついた頃から、強い女の子が好きだった。絵本や漫画、映画の中に描かれる可憐で美しい女の子にも憧れはあったものの、自分の中でカッコイイ!と思えた女の子は決まって賢く強かった。 国の王様を相手にトンチで勝つとか、姫さまと呼ばれながらも植物や生物の学者で巨大な虫を手なずけたりとか、痩…