見出し画像

無駄にする妊娠検査薬~こだわりを手放す機会になる不妊期間~

こんにちは!不妊7年目のアンリです。自己紹介はこちら

妊娠を心待ちにする女性にとって、毎月の排卵日以降の2週間は一喜一憂の時期だと思います。
現に私自身もそうだから。
●基礎体温の上下に一喜一憂
●高温期中盤での過大期待
●生理が来てしまった時の無力感と絶望感

そんな日々を送った経験がある方は非常に多いはず。
私は、妊娠を期待して5年ほどたちますが、以前は毎月のように
●妊娠超初期症状について調べ漁る
●高温期中盤にて妄想を繰り返す
●結果生理が来たら泣く
●夫の心無い言葉にイライラ
なんてことを繰り返していました(;´∀`)

その際に、高温期中盤での「妊娠検査薬」の使用を繰り返してしまうことも経験にあります。

一般的に生理後14日前後で排卵し、14日前後の高温期を経て生理が来ます。
妊娠をしている場合は、高温期は14日以上継続の場合可能性として高いため、生理予定日7日後で排卵検査薬の利用が有効といわれています。

しかし、現代の妊娠検査薬ってとっても優秀に作られているため推奨の7日後でなくても反応が出る場合があります。
(あくまで場合って話です。)

そういった方は早めに妊娠に気づくことができるなんて情報も、ネットにははびこっているため、多くの方が高温期14日を過ぎる前に検査にチャレンジすることがあるんですよね。

分かります分かります!すっごく知りたいですもん!

そんなわけで、私なんかは多くの妊娠検査薬を無駄にしてきました。

いや、無駄ではないんだと思います。

早く知りたい、妊娠していてほしいという想いの強さから行動してしまうんですよね。
ワクワクや不安に歯止めをかけたいために行っているので決して無駄ではないと思うんです。

妊娠に関しては、排卵日前後の狙いを定めた数多くのタイミングを取った後はこれと言って自分でできることは少ないです。

どんなに願ってても、そのあと努力しても結果が変わることがないのがほとんどです。

<長年の経験から考えたこと>
●自分の考えや行動で左右できない事象は思いを馳せてもしかたないことなので一旦手放す
●ストレスなく自分の好きなことをこなす
●適度に運動もする
●身体を冷やさないよう心掛ける
●主人と円満に過ごせる環境を作る

自分でコントロールできないことに頭を悩ませるのはやめました。

決して「あきらめ」とかそういうのではありません。
できることに注力し、自分のコントロールできないことからは手を引きエネルギーを使わないって方向です。

色々なコーチやトレーナーにメンタル面のサポートを受けて、たどり着いた考えです。

これは生きている世界でどこでも当てはまる考えです。
自分の考えや思念で変えることができないことに思い悩んでも「今」を生きられなくなるのと、過去や不安な未来に目線がいってしまうことになる。

コントロールできるのは、「自分」と「自分の考え」のみです。

そんなわけで、次の卵子のためにできることに着手していくなんて考えですっきり過ごせるようになったわけです。

今、「妊娠検査薬」をたくさん使って一喜一憂する方がいれば、それは自分を育てるための一歩なので無駄だと思わずに、気が済むまでやってみましょう。

皆さんがハッピーな結果になるために、何か役に立てたらうれしいなと思います。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
サンキュー
3
管理栄養士免許→フリーランス講師。 スポーツに関わる管理栄養士兼トレーナー。趣味は旅!(一択) 健康オタクで不妊を抱える自分の健康管理に奮闘中。食と運動を通して、置かれた環境下で最大限に力を発揮してほしい。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。