英語とスポーツ

英語とスポーツって似てますよね。

どこら辺が似てるかは、様々なウェブサイトで書かれていますが、それは表面的なものに過ぎないと考えています。
ここでは、本質的な要素に分けて言語化していきたいと思います。

まず、英語などの言語についてです。

英語を話す上で必要な要素は3つです。
発音、単語、文法

この3つの要素を駆使して伝えること(目的達成)ができます。

例えば、カフェに行きたい。
と伝えたいなら、I wanna go to caffe.と伝えたいはずです。

それを正しく伝わるようにするには、どうすれば良いかと言うと、

正しい発音で、正しい単語を使い、正しい配置理解、をする必要があります。

ここまでは当たり前です。

一方、スポーツをすること(歩く動作でも構いません。)で必要な要素も3つです。

関節動作のコントロール、筋肉、特異性の理解

この3つの要素を駆使してスポーツ(目的の運動)をすることができます。

例えば、腕立て伏せ
という運動をしたいのなら、真っ直ぐ下ろす綺麗な腕立て伏せをイメージして行うと思います。

これを正しく行うには、どうすれば良いかと言うと、

正しい関節動作で、正しい筋肉を使い、正しい腕立ての特徴理解、をすることが必要です。

腕立ての特徴理解に関しては、実際に行う上では自動化された状態がベストです。

英語も同じく、文法は、実際に話す上では自動化された状態がベストです。

このように、英語とスポーツは似ており、相関関係にある事がわかります。

今後、他の例や、その関係により分かることについても紹介していきますので、見てみてください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
22歳 普段の自分の気づきを投稿していきます。 英語とスポーツがどれだけ近いものかを発信していきます。 言語習得と身体能力向上の相関関係の仮説についても話していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。