見出し画像

New House Exhibition - 今週のハウス新譜チェック 6.13-6.14

ハウスミュージックラウンジ「秋葉原住宅」棟梁のspinn.teramotoがその年の新譜をチェックしご紹介する世界の新築ハウスの展示場、「Antenna 2020」。毎週土曜日は「いつものアーティスト・いつものレーベルの新譜チェック」、そして日曜日は「いつもと違うジャンルやアーティストを探る」という方針でチェックしています。

The master of the house music lounge "Akihabara Jutaku (Akihabara Housing, Ltd.)", spinn.teramoto, checks out and introduces the new music of the year at "Antenna 2020", an exhibition space for new house music from around the world. Every Saturday, I check out the new releases from my usual artists and labels, and on Sundays, I explore different genres and artists.

ご紹介するのは、すべて僕が実際にダウンロード購入した曲。真剣勝負で選んだ楽曲たちです。さっそくご紹介していきますよ!

I'm going to show you all the songs that I've actually downloaded and purchased. These songs were chosen in a serious competition. Let's take a look at it right away!

1. Demarkus Lewis - A Break In The Clouds (Mirko Deep Remix)

5末にリリースされたDemarkus Lewisの「A Break In The Clouds」。そのリミックス盤から、Mirko Deepのリミックスを紹介します。まさに雲間から光が差し込むように、華やかで前向きな希望を感じさせる曲。いまの世界でこういう曲を聴くとじーんとしますね。

Demarkus Lewis' "A Break In The Clouds," released at the end of May . From that remix release, here's a remix of Mirko Deep. It's a gorgeous, positive and hopeful song, just like the light shining through the clouds. In today's world, this kind of song is very heartwarming.

2. DSK - What Would We Do (Opolopo Remix)

6年前にリリースされたDSKのトラックを、スウェーデンの音楽的肉体的技巧派opolopoが存分にリミックスした案件。彼独自の万華鏡のような変幻自在の世界変容がたまらない。DJのときに次のつなぎ方にちょっと困りそうなユニークな曲だけど、最高すぎます。おしゃれが過ぎるね。

Swedish musical physical technicians Opolopo remixed a track from DSK that was released six years ago. A case of remixing to the fullest extent. I love his unique, kaleidoscopic, transformative world. In case of DJing, The uniqueness of this track will be "a little problem" to connect to the next one, but it's too great and too stylish.

3. Sould of Hex - Psychic

ロンドンのDelusions of Grandeurからリリースされたのは、メキシコの2人組Soul of Hex。ディスコフロアの多幸感、光降り注ぐ感じを思い出させてくれる好トラックです。この曲が収録されたEPの名前も「Disco Permanente EP」。泣ける。フロアが恋しいね。

Released on London's Delusions of Grandeur, the Mexican duo Soul of Hex reminds me of the euphoria and lightning on the disco floor. The EP on which this song was recorded is also called the Disco Permanente EP. It makes me cry. I'd like to be there...

4. Giluuu - Voice Of Luna

ここからは、新たな出会いをもとめてbeatportの各棚を彷徨う日曜日の新譜チェックです。今週日曜の1曲目もアフロハウスから。イタリアのMoBlackからリリースされた、モザンビークの首都マプトのアーティスト・Giluuuの「Voice of Luna」です。地を這うようなベースと鋭いビートで構成された漆黒の空間が格好いい。最高。

From here it starts Sunday's new releases check as I wander the shelves of beatport in search of new encounters. The first song of the day is also from Afro House. Released on Italy's MoBlack, the artist from Maputo, Mozambique's capital city, it is "Voice of Luna" by Giluuu. It's a cool, jet-black space made up of bottom-end-crawling bass and sharp beats. Best.

5. Tchami - Buenos Aires

ちょっとこれ抗えなかった。フューチャーハウスの棚で出会ったTchamiの「Buenos Aires」。このジャンルのオリジネーターの一人らしい、一歩下がった控えめさと余裕を感じさせるし、世界を旅するMVもじーんとしちゃう。

I couldn't resist this one for a minute. I came across Tchami's "Buenos Aires" on the shelves of Future House. It has an gentle feel to it, which is typical of the originators of this genre. The music video that travels around the world is also heartwarming.

6. Null815 - What's the Deal

ミニマル/ディープテックの棚で出会ったこの曲は、ニューヨークのRawsome Recordingsからリリースされた、Null815の「What's The Deal」。徹頭徹尾、一切の隙無くイケメンを貫き通す禁欲的なトラックが最高にクールです。

I came across this song on the minimal/deep tech house shelves. It's Null815's 'What's The Deal', released by New York's Rawsome Recordings . This is the intensive-cool track of the week.

【This Week's 1-pick】Giluuu - Voice Of Luna

今週いちばん印象に残ったのはこの曲でした。モザンビーク在住のアーティストの曲を聴いたのは、僕にとってこれが初めての経験かもしれません。地球儀をみると、アフリカ大陸のほぼ南端、マダガスカル島の対岸に位置するモザンビークという国について僕にはほとんど知識がなかったのですが、この曲を聴いて、マプトという街にこんなクールな曲を作る人が生きてると思うと、とても親近感がわいてきます。

This is the song that impressed me the most this week. This might be the first time for me to listen to a song by a Mozambican artist. In the globe, we'll find Mozambique, which is located almost at the southern tip of the African continent, opposite the island of Madagascar, but I had very little knowledge about the country. But after listening to this song, I found myself that It's very relatable to me to think that there are an artist alive who write this cool songs.

2020年のハウスミュージック新譜はこちらから!(Here's the new house music for 2020!)

「秋葉原住宅」として今年の新譜をピックアップし、蓄積しているプレイリストはこちらです。現時点で130曲集まりました。

Here's the playlist I've been accumulating by picking up this year's new songs in the name of "Akihabara Jutaku (Akihabara Housing, Ltd.)". At the moment, we have collected 130 songs.

Spotifyで聴けば、(わずかかもしれないけれど)各アーティストの収入にもつながるはずです。ハウスを愛する皆さん、よかったらぜひこちらのプレイリストもチェックしてみてください。よろしくお願いします。

Listening to it on Spotify should also lead to income for each artist (albeit only slightly). If you're a house lover, be sure to check out this playlist as well. Thank you very much.

それではまた来週お会いしましょう。So I'll see you next week.

Let There Be House!

(Translation powered by DeepL)
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よかったら「スキ」またはサポートをいただけると嬉しいです。いただいたサポートは音楽の購入費用にあて、素敵な音楽にさらに出会い、世界のアーティストに還元したいと思います。

スキありがとうございます。嬉しい!
ゲーム企画系会社員 / DJ / オーガニックでエレクトロニックなハウスとK-POP / うっとり住宅写真を撮る / ハウスミュージックラウンジ「秋葉原住宅」棟梁

こちらでもピックアップされています

ハウスミュージックラウンジ「秋葉原住宅」新譜紹介2020
ハウスミュージックラウンジ「秋葉原住宅」新譜紹介2020
  • 13本

ハウスミュージックラウンジ「秋葉原住宅」棟梁のspinn.teramotoが、毎週のハウスミュージック新譜チェックから素敵住宅(ハウス)をお届けしていく、週末の住宅展示場です。Let There Be House! | 秋葉原住宅twitter:https://twitter.com/ahl_house | 公式サイト:https://ahl-house.info/

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。