エンド「重視」の風潮は、女子では5~6年前の神戸大あたりではっきりしていて、オープンのBOOZERSもしかりだが、いずれにせよ、ただのプレッシャーでなく、エンドのクイックネスを切り札にした新しい戦術パッケージにつながるかもしれない(すでにできている?)という期待感がでてきた。
画像1

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

マイクロスポーツを幸福にカッコよくするための学びを発信します。

ありがとうございます!郡山に一度遊びにきてください!
新しい積極的なマイクロスポーツの創造。そこをプラットフォームにした地域交流の輪 幸福学 ✕ 体育 ✕ 管理栄養 ✕ アート = 幸福なスポーツマンを創り出すリベラルアーツ ココロとカラダを動かそう!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録